結婚生活

共働き夫婦の家事分担を紹介します

こんにちは。うちです。

今の時代夫婦共働きの家庭が多いと思います。

共働きでの家事は結構な負担になりますよね。

お互い疲れている中で家事をすると
ギスギスしたり喧嘩になることもあります。

私たちも家事のことで喧嘩した経験があります。

今回は共働き夫婦の私たちが
どのように家事分担をしているのかを紹介していきます。

スポンサードサーチ

1、はじめに

前提として

私は月〜金仕事の土日休みです。

妻はシフト制かつ夜勤のある仕事なので

私たち夫婦の休みが合うことはあまりありません。

また仕事の帰宅時間は

私:19時〜20時
妻:17時〜18時

日によって誤差はありますが大体こんな感じです。

2、家事の種類

一概に家事と言ってもたくさんあるので
まずはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

・料理
・洗濯
・掃除
・買い出し
・収納
・家計の管理
・住まいの管理
・ゴミ捨て

ざっと上げただけで8つあります。

ただしこれは大項目だと思ってください。

この中でやらなければいけないことが
さらに細分化されます。

これを全て1人で行うのは難しいので
夫婦で協力する必要があります。

スポンサードサーチ

3、料理

お互いが仕事の場合

朝食

起きる時間が合わないので各々が準備します。

昼食

基本的に私が前日の夜に作り、
当日の朝弁当箱に詰める作業を行なっています。

夕食

帰りの早い妻が基本的に作ることにしています。

その代わり食器の片付けやシンクの掃除は私がしています。

また食事は
仕事帰りで疲れているので
時間のかからないシンプルなメニューにするようにしています。

どちらかが仕事でどちらかが休みの場合

朝食・昼食は基本的に同じです。

夕食

休みの方が作ります。

休みで時間があるので少々手の込んだものを
作るようにしています。

食後の片付けも休みの方がします。

その間パートナーはゆっくりして
その日の疲れを取るようにしています。

4、洗濯

お互いが仕事の場合

洗濯は基本的に1日2回します。

1回目は仕事の制服の洗濯。
これは干すのも含めて私が行います。

2回目はその他の洗濯。
こちらはお風呂のお湯取りをするので
最後に出た方が洗濯機を回します。

干すのは妻がしたり、2人で行なったりします。

洗濯物をしまうのは早く帰る妻にしてもらいます。

どちらかが仕事でどちらかが休みの場合

制服は汗等かいて汚いので
その日のうちに仕事に行っていた方が行います。

その他の洗濯物ですが
その日のうちに行うか
休みの方が、休日の朝に行ったりします。

洗濯物をしまうのも休みの方が行います。

スポンサードサーチ

5、掃除

床掃除

1階の床掃除は基本的にお掃除ロボットに任せています。

とても便利ですし、かなり時間が浮くので助かっています。

トイレ掃除
休みの方が行います。
お風呂掃除

お互いが仕事の場合

基本的に私が行います。
タイミングですがお風呂上がりに洗濯のお湯取りをするので
洗濯が終わったタイミングで行います。

なので妻が洗濯を干している間に
私がお風呂掃除をするイメージです。

どちらかが仕事でどちらかが休みの場合

私に余力があればその日のうちに行いますが
そうでなければ
休日にう休みの方が行うようにしています。

6、買い出し

お互いが休みの日や平日の仕事終わりに
2人で行きます。

特に食材等は荷物が多くなるのでなるべく
2人で行くのが良いと考えています。

日用品の買い物はなくなったタイミングで
休みの方が行くようにしています。

スポンサードサーチ

7、ゴミ出し

ゴミを詰めたりするのは2人で行いますが
ゴミステーションに持っていくのは私の仕事です。
月曜と木曜の週2回です。

8、収納・家計の管理・住まいの管理

これはもうお互いでやっていて
どちらがどうということもありません。

強いていうならお金の管理は妻がしています。
名目上ですが。

9、気をつけていること

休みの方が家事を多く負担する

上記のことを見ていただくと分かると思いますが
基本的に休みの方が多く家事を負担するようにしています。

平日仕事終わりはどうしても疲れています。

次の日も仕事の場合は
早くゆっくりして自分の時間を持ったり
次の日に備えたいものです。

感謝の気持ちを伝える

家事をしてもらったらその都度
相手に「ありがとう」と伝えましょう。

家事をしてもらうのが当たり前と思ったり
やっても何も言ってもらえなかったら
なんとも言えない気持ちになってしまいますよね。

なのでしっかり感謝の気持ちを伝えるのは大事だと思います。

時にはサボることも大事

いくら分担していると言っても
毎日行わないといけないけない作業なので
精神的にも体力的にも相当な負担になります。

どうしてもめんどくさい時は思い切ってサボりましょう。

食事は
インスタント食品・テイクアウト・外食などを
活用しましょう。

洗濯や掃除は1日やらなくても死ぬことはないと思って
次の日に回したりしましょう。

普段はしませんが
洗濯乾燥を使ったりもします。
お金はかかりますがたまには良いでしょう。

このような感じで適度にやっていくのが良いと思います。

10、まとめ

以上が私たち夫婦の家事分担になります。

結婚当初に特に決めたわけでもなく
自然とこのような形になりました。

ただ、基本的な役割は決まっていますが
気付いたらやるようにしています。

これは相手の役割だから私は関与しないなんてことは絶対にしません。

人間完璧ではないので
ミスや、忘れたりすることは必ずあります。

それをカバーするのが
パートナーの仕事だと思います。

これからも
夫婦で協力してやっていきたいですね。

 

終わり。

01

02

-結婚生活
-, , , , ,

© 2020 うちブログ