読書

「嫌われる勇気」を読んだ感想

「嫌われる勇気」とは
著者:岸見一郎,古賀史健
発売日:2013年12月13日
出版社:ダイヤモンド社
ご存知の方も多いと思いますが、、
アドラー心理学を青年と哲学者の対話形式で説明している本です。
手にとった理由
1.心理学に興味があったから
2.ベストセラーだったから
元々心理学に興味があり、何から読めばいいかわからなかったので
有名作品を手に取ってみたといった感じです。
本の内容
対話形式で構成されており、文字数の割に読みやすい一冊でした。
すべての悩みは「対人関係の悩み」である。
が、この本のテーマであり結論です。
このテーマを軸に
「課題の分離」「原因論」「目的論」「共同体感覚」「承認欲求」「他者貢献」etc...
について触れながら進められています。
感想
「課題の分離」が印象的で
自分と他者の課題を線引し、必要以上に踏み込まない。
これを意識するだけでも楽になれるような気がしました。
人は他人の期待に応えるために生きているのではなく、
自分のために生きているので、
他者を気にせずもっと自分のしたいことをしていこうと思いました。
対人関係に悩んでいる方は一度手に取ってみてはいかがでしょうか?
気持ちが楽になるヒントがあるかもしれません。
終わり。

01

02

-読書
-, ,

© 2020 うちブログ