人生経験

【原因はムンプスウイルス?】おたふく風邪で片耳難聴を患った話

こんにちは。うちです。

今回は私の耳についてのお話。

おたふく風邪って知っているでしょうか?

聞いたことがあるのはもちろんのこと
おたふく風邪経験者も多いと思います。

実はあまり知られていないことですが
おたふく風邪になると1万人に1人の確率で
合併症を患ってしまします。

私はおたふく風邪の合併症より
右耳が全く聞こえなくなってしまいました。

おたふく風邪の恐ろしさと、私の体験談を紹介します。

この記事を読むことで

・おたふく風邪の危険性
・難聴を患ってからの生活
・対策方法
・難聴の方への接し方

が分かります。

スポンサードサーチ

1、おたふく風邪とは

おたふく風邪とは
ムンプスウイルスによって発症する病気です

6歳までの子供が感染することが多く
耳の下、ほっぺたあたりが腫れ上がります。
両側または片側のみ腫れます。

一度感染すると生涯の免疫を得られます。

おたふく風邪の合併症として
難聴(ムンプス難聴)不妊があります。

不妊についてはあまり知識がないのですが
難聴の場合はムンプスウイルスに神経を破壊され
耳が聞こえなくなります。

私は運悪く難聴を患ってしまいました。

2、ムンプス難聴になった経緯

小学校1年生(6歳)のGWにおたふく風邪を患いました。

おたふく風邪が治りしばらくすると
何か違和感があるなと感じました。

私は、毎週日曜日の朝は
寝室で父親とTVを観ることが習慣でした。

横になってTVを観るのですが
左耳が塞るとなぜかTVの音が聞こえ辛いのです。

この時私は

「人間の耳は元々片方しか聞こえないのかな?」

「お父さんも聞こえてないのかな?」

と不思議に思っていました。

耳が聞こえないかもしれないということを
なぜか家族には言い出せませんでした。

子供ながらに迷惑をかけたくないと思ったのでしょうか?

そうしているうちに2年が経ち小学3年生になりました。

そして
小学3年生春の健康診断の聴力検査で引っかかりました。

その後、地元の大きな病院に行ったところ
正式にムンプス難聴と診断を受けました。

病院の先生から
「今の医学では治せない」
と言われたのは子供ながらにショックでした。

ここから私の片耳だけの人生が始まります。

スポンサードサーチ

3、ムンプス難聴で困ったこと

1、見た目では全くわからない

見た目では片耳が聞こえないというのは伝わりません。

なので初めての人に会うと

毎回、片耳が聞こえないと伝えるようにしています。

会う人会う人毎回伝えなければいけませんし
今後もそれが続くと思うと憂鬱です。

2、伝えただけでは相手に意識してもらえない

初めて会った人に難聴だと
はなるべく伝えるようにしていますが
1度言っただけではやっぱり意識してもらえません。

仕方のないことですが。

自分が逆の立場だとしても意識できないと思います。

3、音の方向が分からない

ムンプス難聴が原因かは分からないですが
不意に声をかけられたときに
どこから声がするのか判断ができません。

元々その行為が苦手なのもあるかもしれません。

4、立ち位置に困る

私は右耳が聞こえないので
2人でいる時は話を聞きやすいように
必ず相手の右側に立つようにしています。

複数人だと1番右端になるように。

飲み会とか会議の席でも
1番端っこの席に座るしかないので
1番上座か1番下座になってしまいます。

飲み会とか会議の場で
真ん中あたりに座ってしまうともう地獄です。

右側の人には申し訳ないけど
会話は左側の人中心になってしまいます。

5、アラーム音が聞こえない時がある

皆さん寝るときには必ずアラームをかけると思います。

私ももちろんかけます。

ですが
アラームの鳴るタイミングで
運悪く音の聞こえる左耳を下にして寝ている時があり
アラームを聞き逃してしまうことがあります。

なので15分おきにアラームが鳴るように設定します。

6、騒音がうるさい場所には行きにくい

大きな音が鳴っている場所にはなるべく行かないようにしています。

私は行きませんが例えば
パチンコとかライブハウスのような場所ですね。

そういう場所に行くと少しずつ耳にダメージが蓄積するような気がします。

7、難聴がテーマの作品を観れない

最近で言うと
朝の連続テレビ小説「半分青い」や映画「聲の形」
のような作品です。

「半分青い」は最初はそういうテーマだと分からず観ていたのですが
ヒロインが自分と全く同じムンプス難聴ということで
そのシーンが来てから観れなくなってしましました。

「聲の形」も内容を知らずに妻と映画に行きましたが
途中ですごく気分がすごく悪くなったのを覚えています。

今後も観れないと思います。

正直この記事を書いている今も少し気分が悪くなっています。

4、周りに意識して欲しいこと

1、会話の時声を大きくして欲しい

正直これだけで十分です。

声が大きければ聞こえない方から話をされても
聞きやすくなるので。

2、2回目会うときも覚えていて欲しい

2回目会うことになったときに
「そうだったっけ?」
みたいな反応されることよくあります。

難しいかもですが
できたら覚えておいて欲しいなと思います。

スポンサードサーチ

5、対策

1、予防接種を受けよう

あまり知られていませんが
おたふく風邪にはワクチンによる予防接種があります。

合併症が完全にゼロになるかはわかりませんが
発生するリスクは下げられると思います。

任意接種なので
小さなお子さんをお持ちの方は必ず受けるようにしましょう。

私も周りの人には予防接種のことを伝えるようにしています。

2、補聴器を付けよう

耳の機能を拡張してくれる補聴器というものがあります。

昔は装着した方の耳の音が聞こえやすくなるものでした。

今では技術が発達して
片方の耳だけで両方の音を聞き取ることのできる補聴器があるそうです。

私は使用していませんが
補聴器を使うのも一つの手だと思います。

6、まとめ

今回は私の耳についての話でした。

片耳が聞こえないのは残念ですが
なってしまったものはどうしようもないので
今後うまく付き合っていくしかないです。

私のような人がいるということを知って欲しいですし
今後おたふく風邪による難聴を患う人が無くなればと思います。

 

終わり。



01

02

-人生経験
-, ,

© 2020 うちブログ