人生経験

経験年数7年の私が外仕事のデメリット9つ教えます。

 

こんにちは。うちです。

男性

外仕事って

「実際はどうなの?」

「楽しいことばかりじゃないんでしょ?」

こう思っている方に外仕事のデメリットを紹介します。

本記事は

・外仕事のデメリット紹介します
・外仕事の辛いところを紹介します
・就職活動に役立ちます

私は、実際に外仕事を7年以上経験しており、その経験から感じた
デメリットを紹介します。

この記事を読むことで、外仕事の辛さ・大変さを知ることができます。

就職活動で外仕事を検討している方は
ぜひこのデメリットも参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

1、天候は関係ない

外仕事は基本的に天候は関係ありません。

「今日は雨だから現場は辞めにしよう」

とはなりません。

大雨でも猛暑日でも雪が降っていても
容赦なく現場に出ます。

強いて言うなら
雷や台風になると現場は辞めようってなります。

どんな天候にしても
条件が悪いと作業効率が悪くなりますし
モチベーションも下がります。

少しでもストレスが緩和できるように
それぞれの天候にあった対策をする必要があります。

対策
・季節にあった道具
・服を揃える
・天気に関する知識をつける
・着替えをたくさん用意する

2、お金がかかる

外仕事は必然的に必要な道具が多くなります。

その道具を買うためにお金が多くかかります。

会社から支給されるところもあるでしょうが
基本的には自分で準備しなければいけないと
思った方が良いです。

必要な道具の例

・作業着
・靴
・雨合羽
・腰巻
etc...

外仕事だとすぐにボロボロになるので
定期的に購入することになり地味に出費がかさみます。

対策
・日頃から道具の手入れを怠らないようにする
・道具を買うための貯金をする

スポンサードサーチ

3、朝が早い

その日の作業量や現場の場所によっては
朝7時半や8時には現場に出ることがよくあります。

朝が苦手の人にとっては辛いかもしれません。

対策
・夜は早く寝るようにする
・朝早く出なくてもいいように工程を考える
・お風呂は湯船に浸かるようにする

4、時間との戦い

現場作業は時間との戦いです。

夏場は日が長いのでたくさん作業ができます。

逆に冬になると1日の日照時間は
格段に短くなります。

そして、冬は雪が降ります。

少しの雪ならいいいのですが
流石に大雪になると作業ができません。

なので雪が降るまでに
業務の現場部分は終わらせる必要があります。

限られた時間内で現場を完了するために

・工程
・人員配置
・他業務との調整
・必要な道具
etc...

色々と工夫する必要があります。

早ければ6月くらいからこのような話題になります。

対策
・先を見据えた工程
・計画を考える
・チーム力を上げる
・作業知識をつける

 

スポンサードサーチ

5、死の危険がある

・山から転落
・重機に潰される
・熱中症
・熊に襲われる
・スズメバチに刺される
etc...

様々な死の危険があるので
安全には十分に注視して作業しなければいけません。

また、万が一のことがあった時のために
緊急連絡先を用意したり
対処方法を周知しておく必要があります。

何かあったときでは遅いのでしっかり準備しましょう。

対策
・作業前の安全確認を怠らない
・何かあった時の対処法の周知
・正しい知識を身につける

6、体力的に辛い

外仕事は体力消費が激しいです。

1日中体を動かしていますし
夏の暑さや冬の寒さに
ジワジワと体力を奪われてしまします。

連日現場に出ることで筋肉痛になったり
徐々に疲れが取れにくくなっていきます。

体力に自信がない人には辛いかもしれません。

対策
・運動を習慣化して体力をつける
・体のケア方法を勉強する

スポンサードサーチ

7、1人では作業ができない

現場作業は基本的にチームで動きます。

1人なら自分のペースで作業をすればいいですが
複数人ならそれぞれのペースがあるので
合わせる必要があります。

特に新入社員は初めてのことが多く
どうしていいのか分からないことが多いので
作業が遅いのも仕方がありません。

作業が遅くても得意なことがあると思うので
役割配置を工夫することで改善されることもあります。

現場に入る前に作業を説明することで
作業をイメージしやすくなるので
効率よく進むでしょう。

対策
・作業前の説明をしっかりしイメージできるようにする
・人材育成をする
・周りをモチベートできるような声をかける

8、年齢を重ねるにつれ辛くなる

当然ですが、
歳を重ねると体力が落ちてきます。

すぐに息が切れたり、動作が遅くなったりと
若い頃は簡単にできていたことも難しくなってきます。

また、怪我をしやすい体にもなります。

対策
・若い時から入念に体のケアすること

9、同年代が少ない

今就職活動をする人で
外仕事をメインとする職業を希望する人は少ないです。

「大変そう」
「しんどそう」

とういうのが理由でしょう。

就職フェアに参加しても
会社の説明を聞いてくれる人は1人や2人なんてこともざらです。

なので
業界的に若い世代が少なくなってきています。

私の職種だと

30代中盤が1番の若手という会社も少なくありません。

同年代が少ないことにより
一緒に切磋琢磨する存在が少ないことは大きなデメリットです。

対策
・地道な宣伝活動をする
・友人を誘う

10、まとめ

外仕事のデメリットを紹介しました。

仕方のないことですが
年齢や体力に関するデメリットが多いです。

少しでも長く続けるためには
しっかり体のケアをし続けることが大事でしょう。

 

終わり。

 



01

02

-人生経験
-, , , ,

© 2020 うちブログ