人生経験

大学に進学すべきその理由は?メリットを紹介します。

こんにちは。うちです。

今回は大学進学についての話です。

この記事はこんな人にオススメです。

・大学進学か就職かで迷っている人
・大学進学することでのメリットが知りたい人

新型コロナウイルスで大変な時期ですが
大学受験を控えている高校生も多くいることだと思います。

 

私の経験も踏まえながら
大学進学の良さを紹介していきたいと思います。

スポンサードサーチ

1、はじめに

皆さんは大学についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

男性
サークル活動を頑張ったり、他の大学の人と交流したり華やかそう。
女性
専門的で難しそうな勉強をやってそう。

どちらも正解です。

どちらかというと華やかなイメージを
持っている方がの方多いのではないでしょうか?

遊びに特化している学生もいますが
実際は単位を取るために勉強に必死になっています。

2、大学ってどんな場所

大学では高校までの勉強とは違い
より専門的なことを深く学分場所です。

また大学は『人生の夏休み』
と言われているくらいに時間の余裕があります。

膨大にある時間を使いサークル活動をしたり
バイトをしたりスキルアップに勤しみます。

スポンサードサーチ

3、大学で何を学べるの?

先ほど大学は専門的なことを学べる場所と記述しました。

ではどのようなことを学べるのか見てみましょう。

学部一覧
・医学部   ・歯学部    ・教育学部
・獣医学部  ・心理学部   ・人間科学部
・薬学部   ・商学部    ・情報学部
・法学部   ・社会学部   ・音楽学部
・工学部   ・外国語学部  etc...
・理学部   ・看護学部
・教育学部  ・生物学部
・文学部   ・農学部
・経済学部  ・体育学部

ざっと学部を上げてみてもこれだけの数があります。

大学によってはない学部もあります。

勉強したいことが決まっている受験生は
しっかりと大学の情報を調べるようにしましょう。

学部の中にさらに学科というものがあり
より専門分野に分かれています。

例)京都大学工学部の場合
・地球工学科
・建築学科
・物理工学科
・電気電子工学科
・情報学科
・工業化学科

同じ工学部でも大学によって学科(学べること)は違うので
こちらもよく調べておきましょう。

ちなみに私は地元(地方)の大学の
工学部に通っていました。

主に数学と物理を勉強していて
4年間ずっと机に向かって問題を解いていました。

4、大学で何が経験できるの?

1、一人暮らし

ほとんどの方が高校までは実家暮らしだと思います。

地元を離れて県外の大学に進学する方は
一人暮らしをすることになります。

一人暮らしでは炊事・洗濯・掃除・買い物・お金の管理等
身の回りのこと全てを自分でしなければいけません。

毎日勉強をしながら家事もしなければいけませんが
経験することで両親のありがたさを感じれますし
必ず将来の役にも立ちます。

私は実家から大学に通っていたので
ほとんど自分1人で家事をしてきませんでした。

結婚したら家事をしなければならなくなり
大学の時に一人暮らしを経験しておくべきだったと後悔しました。

一人暮らしで気をつけることは
課題の提出や集まって遊ぶことが多くなると思うので
近隣の方に迷惑にならないようにすることです。

2、バイト

大学生と言ったらバイトですよね。

バイト禁止の高校がほとんどだと思いますので
大学生になってから初めてバイトをしたという方もいると思います。

サークル活動費・遊ぶ費用
人によっては家賃や学費など
必要なお金を自分の手で稼ぐことができます。

バイトをする大きなメリットは
社会経験をできるということ。

バイトとはいえ働くということなので
社会人の常識であったりマナーを学べます。

接客業でバイトすることが多いと思うので
人との接し方・声の出し方・身嗜み・表情など
身を以て体験できます。

実際に就職したらバイト経験が
生かされる場面が必ず訪れます。

3、留学

大学に行けば海外留学ができます。

一部の高校もあるかと思いますが人数や期間が限られていたりします。

半年や1年間休学をして
海外の学校に行って、勉強したり
その国の文化を肌で感じたりできます。

留学を経験することで

・最先端の技術を学べる
・語学を勉強できる
・就職活動で海外も視野に入ってくる
・物怖じしなくなる
・海外の友人ができる
・改めて日本のことを考えれる

多くのことを学べる機会になります。

半年や1年間の休学を強いられるので
同級生と卒業時期がずれたり
1学年下の学生と一緒に勉強しなければいけません。

人によっては周りに遅れをとってしまったと思うかもしれません。

ですが、
そう感じるのは大学生でいる間だけです。

人生100年時代と言われる現代で
半年や1年はほんの一瞬に過ぎません。

半年や1年で周りが経験できない多くのことを経験できるので
チャンスがあれば行くべきだと思います。

4、旅行

大学生はとにかく時間があります。

夏休みは特に長く2ヶ月近くあります。

これだけの休みがあるので
国内・海外と問わずいろいろな場所を訪問して
自分の見識を広げられます。

なんなら2ヶ月丸々海外を旅するのもありだと思います。

日本・海外の文化を学べますし
語学を勉強することもできます。

社会人になったらこの長さは考えられません。

社会人になると多くても10連休くらいしか取れません。

アジア圏ならともかく
ヨーロッパ方面はお金もかかりますし
行けるチャンスがほとんどなくなります。

なので大学生の間に行けるところに行くべきです。

5、勉強(スキルアップ)

時間があるので大学の勉強だけでなく
自分のしたい勉強もできます。

例えば

・語学
・プログラミング
・ブログ
・マーケティング
・動画編集
・お金の勉強
etc...

いろいろありますよね。

例にあげたのは今現在私が勉強したいことです。

まとまった時間でできるので
スキルアップにつながります。

ちなみに大学は1日の時間もたくさんあるので
バイト等していなければ
2・3時間は勉強の時間に当てられます。

6、起業

大学に在籍している間に起業する方もいます。

TVによく出ている東大生はこういう方が多いです。

大学は自由な場所なので
起業しても特に怒られることはありませんし
就職活動をしなくても良くなります。

逆に社会人をしながら
大学に通う人もいるくらいです。

スポンサードサーチ

5、どんな人が大学に行くべき?

1、専門分野で学びたいことがある人

先にも述べたように大学にはたくさんの学部があるので
ほとんどのことは学べます。

医者になりないなら医学部へ
弁護士になりたいなら法学部へ

このような人は絶対に行きましょう。
じゃないと必要な資格も取れないかもしれませんしね。

2、将来したいことがない人

高校生の間に明確にしたいことがある人は少ないと思います。

将来したいことがないよって人は

とりあえず大学に行っておいて損はないと思います。

「周りが進学するから自分も進学しよう」

みたいな考えでもいいです。

大学生活は基本的に4年間あります。
(短期大学は2年や3年。医学部は6年の例も有)

それだけの時間があれば
上の経験できることで記したように
たくさんのことに挑戦することができます。

挑戦していく中で自分のしたいことが見つかります。

もちろん何も行動しなければ何も見つかりません。

6、お金がなくても大学へ進学できる

金銭的に余裕がなく大学進学を諦めている人も多いでしょう。

ですがやり方によっては進学費用を工面することができます。

3つ紹介します。

1、奨学金制度を利用する

奨学金制度とは
簡単にいうと、国や地方公共団体が進学費用をサポートしてくれることです。

国や地方公共団体と書きましたが
その学校独自が行っている奨学金もあるみたいです。

高校での成績や家庭事情によって
借りれる金額も変わってくるので
よく調べておきましょう。

借りたお金は社会人になってから
毎月決まった金額を返していくことになります。

2、事情を説明してバイト許可をもらう

バイトで稼いだお金を進学資金にしましょう。

バイト禁止の高校が多いかと思いますが
特例で認めてもらえるケースがあります。

大学へ進学したいという熱意と事情をしっかり伝えれば
バイトを特別に許可してもらえるでしょう。

もちろん勉強が本分なので
勉強を疎かにしてはいけません。

3、特待生制度を狙う

大学によっては特待生制度というものがあります。

高校(または入試)の成績優秀者は
学費が免除されるという制度です。

制度がある大学が限られると思いますし
相当な成績をあげなければいけないと思います。

スポンサードサーチ

7、まとめ

私は地方の大学を卒業しました。

ですが今回記事で紹介したことの
ほとんどを私は経験していません。

周りにはそういう経験をした人もいます。

社会人になった今
「大学時代にあれしとけばよかったな」
「もっとちゃんと勉強しておくべきだったな」
と思うこともしばしばあります。

特に何を挑戦してきたわけではありませんでしたが
大学だけは出ておいてよかったと思っています。

卒業しただけでも価値がありますし
学歴も就職をする上で重要な判断基準の一つなので。

今の私に言えることは

将来就職した時に後悔することが
少しでも減るように出来るだけ多くのことに挑戦して
自分の可能性を広げましょう。

ということです。

 

終わり。

 

01

02

-人生経験
-, , , , , , , ,

© 2020 うちブログ