仕事

【仕事効率アップ!】マルチタスクよりシングルタスクの方がいい理由 

うち
こんにちは。うち(@uchi_0121_)です。

 

シングルタスクとマルチタスクってどっちが仕事効率が上がるでしょうか。
男性

 

うち
結論から答えるとシングルタスクです。なぜそうなのか理由を紹介していきますね。

 

本記事の内容

 

・そもそもシングルタスクとマルチタスクの違いって何?
・仕事はマルチタスクよりシングルタスクがいい理由
・シングルタスクを効率よく進めるためにすべきこと
・女性と男性の違い

 

筆者の実績

 

・社会人歴:9年

 

本記事を読むことで、シングルタスクのメリットについて学べます。

スポンサードサーチ

そもそもシングルタスクとマルチタスクの違いって何?

シングルタスクとは

 

シングルタスクとは、ひとつの作業だけに集中すること。

 

複数作業があってもやるのはひとつだけ。

 

それだけに集中し、終われば次に移るというスタイルです。

 

マルチタスクとは

 

マルチタスクとは、複数の作業を同時に進めること。

 

何かをしながら何かをする。

 

例えば、

資料を作りながらメールの返信をする。

 

みたいなことです。

 

シングルタスクとは逆の考えですね。

 

仕事はマルチタスクよりシングルタスクがいい理由

集中力が持続する

 

作業を一つに絞ることで、集中力が持続します。

 

正確には、集中力が途切れにくと言った方が正しいかも。

 

理由は、マルチタスクだと作業を切り替える度に集中力が途切れてしまうから。

 

作業途中で別のとこをすると集中力が途切れてしまいます。

 

そして別の作業を始めても、また集中できるまでに時間がかかります。

 

作業を変えるたびに、集中し直さないといけないので持続力が低下してしまいます。

 

なので、作業の度に集中力がリセットされてしまうので効率が良くないです。

 

生産性が上がる

 

作業を一つに絞ることで生産性が上がります。

 

なぜなら、頭をシンプルにできるから。

 

複数の作業を同時に進めると、全ての状況を把握しなければいけません。

 

小さい作業や、数が少なければ問題なく進められますが、多くなってくるとそうはいきません。

 

・疲労が大きくなる
・作業がごっちゃになる
・進捗確認が大変

 

などのデメリットが出てきます。

 

このような状態だと、作業効率は悪くなるので生産性は下がります。

 

その点、シングルタスクはそれだけを考えればいいです。

 

限られた時間と脳を一つのことに使えるので、より良い成果品を生み出せます。

 

それに余計なことも考えなくていいので、頭がこんがらがることもないですよ。

 

なので生産性を上げたければシングルタスクがオススメです。

 

時間の無駄が減る

 

作業に取り掛かるには、準備片付けの時間が必要になります。

 

複数作業があると、その度に準備に時間を割かれます。

 

準備自体は数分かもしれませんが、それが積み重なれば結構な時間になりますよね。

 

それに、集中するのにも時間がかかりますし。

 

これって結構時間の無駄だし、労力もかかります。

 

その点、シングルタスクにすれば準備は最初の1回だけ。

 

作業に入れれば後は前進するのみなので、余計な時間は取られません。

 

複数作業時に発生した時間が浮くのでその分作業もたくさん出来ます。

 

なので、時間効率的にもシングルタスクがオススメです。

 

スポンサードサーチ

シングルタスクを効率よく進めるためにすべきこと

周りに余計なものを置かない

 

作業デスクの周辺に余計なものを置かないようにしましょう。

 

なぜなら、周りに余計なものがない方が作業に集中できるから。

 

例えば、デスクの上にスマホを置いていたとしましょう。

 

もしラインなどの連絡が来たらそっちが気になりますよね。

 

そして、作業しつつもスマホが気になって集中力が散漫になります。

 

別のことが一度頭をよぎるとどうしてもそっちに意識が向いてしまうので、なるべく視界に入るところに物を置かないようにしましょう。

 

時間を区切る

 

シングルタスクの場合、時間を区切って作業を進めるようにしましょう。

 

なぜならシングルタスクはメリハリがつけ辛いから。

 

一つの作業に集中すると中々やめ時が見つかりません。

 

ですが、ずっと続けていても注意力は散漫になるし、作業効率も落ちます。

 

なので最初から

 

・30分
・1時間

 

みたいに時間を区切って作業をすることをオススメします。

 

より集中できて作業が捗りますよ。

 

休憩をとる

 

適度な休憩をとって脳を休めましょう。

 

先ほども言いましたが、シングルタスクはメリハリをつけるのが難しいです。

 

それに人間の集中力は、持ってもせいぜい1時間くらい。

 

なので、時間を区切って作業する間に小休憩を挟みましょう。

 

そうすることで、脳はリフレッシュできますし、いいアイデアも浮かびやすくなります。

 

脳が疲れている状態で無理に作業をしても逆効果です。

 

しっかりと脳を休めることにも意識を向けましょう。

 

女性と男性の違い

 

余談ですが、女性と男性の脳の違いについて少し話します。

 

女性はマルチに向いている

 

女性の脳はマルチタスクに向いていると言われています。

 

よく、電話しながら掃除したり、複数のことを同時にしているのを見ますよね。

 

これは女性の脳がそういうふうにできているから。

 

何かをしながら、別のことを無意識にできるようになっています。

 

なので女性の方は複数作業をしてもミスは少ないのかもしれません。

 

男性はシングル向き

 

逆に男性の脳は一つのことに集中するようにできています。

 

何かを始めると、別のことが疎かになってしまう。

 

例えば、ゲームに集中すると声をかけても全然反応がないとかです。

 

かくいう私も、家事をするときに別のことが気になり、手が止まってしまうのでよく妻から要注意されます。

 

なので男性は仕事をひとつに絞るのがいいかもしれません。

 

※この考えには諸説あるし、個人差もあるので一概にそれが正しいとは言えません。

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

今回は仕事はシングルタスクの方がいいよという内容でした。

 

普段から集中力が散漫になりがちな人は、作業を一つに絞ってみるといい効果が生まれるかもしれませんよ。

 

終わり。

 

01

02

-仕事
-, ,

© 2022 うちブログ