人生経験

30代からでも遅くない?体力の衰えの防止する方法を紹介します。

こんにちは。うちです。

男性
「30歳を過ぎて体力が落ちてきたなぁ」
「なんとか衰えなくする方法はないかなぁ」

と感じてきている30代の方は多いと思います。

うち
そのお悩みに対するアドバイスをしようと思います。

本記事の内容

・なぜ体力は衰えてしまうのか
・体力衰えの防止方法

私自身外仕事をしているのですが
ここ2、3年体力の衰えを大きく実感しています。

30代になった私が実際に実践していることも含めて紹介していきます。

スポンサードサーチ

1、なぜ体力は衰えるのか

1番は年齢によるものです。

人間の体は20歳前後をピークに年齢と共に衰えていきます。

主に

・心肺機能
・基礎代謝
・骨密度
・自律神経
etc...

様々な体の機能が低下していきます。

若い頃は

・徹夜は余裕
・バリバリ運動ができる
・ダイエットも必要なし
etc...

なんて考えの人も多いでしょうし、
自分が30代になったときに体力面で悩みを抱えるなんて理解できません。

私も20代の頃は

うち
絶対にそんなことになるわけがない

と豪語していました。

今となっては後悔しています。

プロ野球選手で20代の頃はバリバリ活躍していた人でも
30代に入り成績を一気に落とした選手がいます。

成績を落とした理由も
体力・身体能力の低下が原因で体が思うように動かなくなるからです。

ただ、イチローのように40代後半になっても現役を続けていた選手もいます。

そのような選手は若い時から
基礎トレーニングを怠らずに継続しています。

年齢と共に体力が衰えるということに
早い段階から気づいて行動していたのでしょう。

2、体力の衰えを抑える方法

私が実践していることを含めて
体力の衰えを抑える方法を紹介します。

体の仕組みを知ろう

体の仕組みを知ることで
自身のウィークポイントへのアプローチが図れます。

体には

・骨
・筋肉
・臓器
・神経
・脳

のように様々な生態機能が存在します。

その生態機能の1つ1つを正しく理解することが必要になります。

体の仕組みを知らずに
ただ闇雲にトレーニングだけをしていても
効果はあまり得られません。

また人によっても体の構造は違うので
その人なりにあった方法を構築する必要があります。

1日3食を徹底しよう

朝昼晩しっかりと食事を取りましょう。

特に朝食は重要です。

食欲がなくても必ず食べるようにしましょう。

朝食を取ることで脳や体に必要なエネルギーを摂取することができ
イライラしたりだるさを感じにくくなり活力のある1日を過ごせます。

私の体験として
朝食の量が少ないと10時ごろにはお腹が空いてしまい
そこから力が出づらくなることがよくあります。

なので多めに食べることを心がけています。

生活習慣を整えよう

毎日同じ時間に決まったことをするようにしましょう。

・起床時間

・就寝時間

・食事の時間

これだけを意識すればいいと思います。

生活リズムが崩れることで体のリズムも崩れています。

リズムが崩れた状態で活動しても
思うように力は発揮できません。

適度な運動を心がけよう

社会人になると運動をする機会がガクッと減ってしまいます。

運動をしないことでより体力の衰えを促進させます。

なので、意識的に運動をするように心がけましょう。

運動は疲れを取る効果もあるので一石二鳥です。

毎日続けるのは難しいと思うので、
1週間に3、4日または週末は必ず運動するなどしましょう。

オススメ

・ジムへ行く
・ジョギング
・ウォーキング
・筋トレ(自宅)
・スポーツサークルに参加

ストレッチをしよう

年齢と共に柔軟性もなくなってきます。

それにより体力低下・ケガの危険性も高まります。

毎日5分10分でも
お風呂上がりや朝起きた時に
ストレッチをするように心がけましょう。

特に朝は眠っていた体を起こす効果もあるのでオススメです。

睡眠をしっかりとろう

睡眠時間はしっかり確保しましょう。

睡眠が不足していると

・前日の疲れが取れない
・生活リズムが崩れる
・集中力の低下
・イライラする
・ダルさがある

これだけのデメリットがあるので
仕事や、1日の活動に支障が出ます。

最低6時間は睡眠時間を確保しましょう。

仮にその日やり残したことがあっても
そのタスクは次の日以降に回すようにしましょう。

夜の思考力が低下している状態で作業していても
効率が悪いので潔く寝るのがオススメです。

サプリメントを摂取する

ビタミンや鉄分のような体に必要な栄養を摂取できたり
疲れが取れやすくなるサプリメントがあります。

サプリメントを摂取するだけでは効果はほとんど得られないので
上記のことと併用して使うと良いでしょう。

私はアリナミンを毎晩飲むようにしていますが
翌朝の疲れの取れ具合にすごく効果を感じています。

タバコを控えよう

タバコを吸う人は体力が少ないとよく言われます。

タバコを吸うことで肺へのダメージが蓄積して
心肺機能が低下するからです。

禁煙をお勧めしたいところですが、
難しければ本数を減らすところからスタートしましょう。

そして、吸う時は周りに迷惑をかけないようにしましょう。

ちなみに私はタバコは一切吸いませんし、
吸ったこともありません。

前向きになろう

メンタル面の話ですが。

体力が衰えたからといって落ちこむことはないと思います。

落ち込むことによって余計に体力の衰えを感じるような気がします。

体力の衰えは誰にでも訪れることです。

なので自分だけじゃないと思って前向きになりましょう。

体にとってい1番いい薬は笑顔だと言われているくらいに
気持ちの面も大事だと思います。

スポンサードサーチ

3、40代へ向けて

これから先40代、50代と年齢を重ねるにつれ
今以上に体力に衰えを感じるでしょう。

また免疫力が低下して
病気になるリスクも高くなっていきます。

今からでもまだ遅くないと思います。

出来る対策をしていきましょう。

大事なのは継続することです。

完全に衰えなくすることは不可能ですが
衰えのペースを遅くすることは可能だと思います。

4、まとめ

体の衰え方は人によって違います。

早い人もいれば遅い人もいます。

今から対策をしていることで
将来も健康的な体を維持できるでしょう。

人間は体が資本なので
しっかりとケアしていきましょう。

 

終わり。



01

02

-人生経験
-,

© 2020 うちブログ