仕事

朝活のメリットとデメリットを紹介します【私は2年間実践しました】

 

うち
こんにちは。うち(@uchi_0121_)です。

 

朝活をしようと思っているのですが、メリットとデメリットを教えていただけますか?
男性

 

うち
私は過去に2年間朝活を実践した経験があります。その体験を踏まえメリットデメリットを紹介します。

 

本記事の内容

・朝活のメリットとデメリット
・2年間実践してみて

 

筆者の実績

 

 

本記事は3分で読めます。朝活をしてスキルアップを目指しましょう。

 

朝活のメリット

 

実際に私が朝活をやって感じたメリットは次の5つです。

 

1、仕事の効率が上がる
2、生活リズムが整う
3、1人の時間が出来る
4、スキルアップにつながる
5、心に余裕が生まれる

 

一つずつ見ていきましょう。

 

仕事(作業)の効率が上がる

 

朝1時間早く起きることで、仕事や作業の効率が上がります。

 

なぜなら

 

・1日のスケジュール確認
・ToDoリスト作成
・作業の優先順位

 

等の仕事の洗い出しができるからです。

 

30分〜1時間もあればしっかりと1日の計画を立てられるので、行動すべきことが明確になり始業から無駄なく仕事を進められるでしょう。

 

これにより作業効率が上がるので、無駄な仕事や残業がなくなり自分の時間を増やせます。

 

生活リズムが整う

 

朝活を継続することで生活リズムが整うようになります。

 

なぜなら、毎朝同じ時間に起きようと思ったら、寝る時間も同じにしなければいけないから。

 

私の場合は5時起きを目標にしており、平日最低6時間以上睡眠は取りたかったので23時には布団に入るよう意識していました。

 

慣れていない最初のうちは何時もより早いので夜中々寝れなかったり朝起きるのが辛いですが、それは最初の1〜2週間だけ。

 

慣れてくると辛さもなくなり、むしろ早起きが気持ちいいくらいになります。

 

続けていれば、次第に目覚ましをセットしなくても同じ時間に目が覚めるようになるでしょう。

 

なので、自然と整った生活リズムが身に付くし健康も良い状態が維持できます。

 

1人の時間が出来る

 

朝早く起きることで1人の時間ができます。

 

なぜなら、家族はまだ寝ているし友達等からの連絡も入ることはないから。

 

平日夜は帰りが遅くなったり、帰っても家事をしたり子供がいる方は育児もあるし中々1人の時間が作れません。

 

やりたいことがあるけど家族と一緒に過ごして寝るだけなんて日もあるでしょう。

 

でも朝1時間早く起きれば自分の時間が持てるし、外も静かなので作業にも集中できます。

 

なので自分の時間を持ちたい人に早起きはオススメです。

 

スキルアップができる

 

朝活をする1番の目的は自信のスキルアップじゃないでしょうか。

 

私が朝活を始めた理由も資格取得の勉強をしてスキルアップするためです。

 

毎朝1時間の勉強を1年間続けると365時間になるので、大半の資格は取得できし様々なスキルを磨けると思います。

 

1日だけだとそうでもありませんが、1年になると相当な積み上げになります。

 

周りをリードできるし自信も成長できるので一石二鳥です。

 

心に余裕が生まれる

 

朝早く起きることで心に余裕を持って生活できます。

 

1、時間に余裕をもって起きる。
2、余裕をもって朝食を食べる
3、余裕をもって出勤する
4、仕事もスムーズに進む

 

余裕尽くしです。

 

朝に1日の流れを作れるので、常に心にゆとりを持ちながら生活できます。

 

心に余裕を持つことで、ハプニングにも対応できるし精神的負担も軽く異なりますよ。

 

デメリット

 

その①:日中眠くなる
その②:家族との時間が減る

 

日中眠くなる

 

朝活を始めたての頃は日中眠くなることがよくありあます。

 

なぜなら、普段より早く起きて行動することになるからです。

 

それに、朝早くから頭を使ったり行動し続けるので疲れるのもその分早くなります。

 

でも仕事(作業)効率を上げれば睡眠時間を確保できるし、睡眠の質も上がれば日中眠くなることも減るはずです。

 

良質な睡眠については以前記事にしているのでこちらを参考にしていただけたらと思います。

 

4.6.11の法則で良質な睡眠をゲットしよう

 

家族との時間が減る

 

夜早めに寝て、朝早く起きるので家族と一緒にいる生活は減ってしまいます。

 

家族みんなが同じ生活リズムなら問題はないですが、そうでは無い場合は結果的に減ることになるでしょう。

 

家族との時間を重視する私にはデメリットに感じました。

 

なので、家族にしっかりと説明して納得してもらい協力を得る必要があります。

 

平日家族と一緒にいられる時間が少ないぶん、休日はしっかりと時間をとってあげるといいですよ。

 

おすすめの朝活

 

ここでは、私も実践していたオススメの朝活を紹介していきます。

 

それが以下の5つです。

 

・読書
・資格の勉強
・瞑想
・ストレッチ
・ジョギングなどの運動

 

読書

 

朝活の定番といえば、読書ですよね。

 

朝は静かで集中しやすいですし、コーヒーを片手に本を読むといいのではないでしょうか。

 

読書はストレス発散にもいいですし、情報のインプットとしては最高のツールです。

 

とにかくあなたが興味のある本を読みましょう。

 

資格の勉強

 

私が朝活をしていた理由は資格の勉強です。

 

読書と同じで朝は集中しやすいですし、脳がリフレッシュした状態なので勉強したことが頭に入ってきやすいのでオススメです。

 

難しい資格にと湯煎しようとしている方は、朝の1時間を有効に使ってはどうでしょうか。

瞑想

 

こちらも集中力がアップに効果的だし、心を落ち着かせることが出来ます。

 

長時間しなければいけないイメージがありますが、5分程度でも効果はあ十分にあります。

 

騙されたと思って実践してみてください。

 

朝イチで良い精神状態が作れれば1日がスムーズに進めでしょう。

 

お勧めは

鼻で4秒息を吸って8秒で吐くを繰り返す方法です。

 

ストレッチ

 

朝ストレッチをすることで、眠っていた体をゆっくり起こすことができるしリラックス効果も期待できます。

 

そして、体がしっかりと動くようになるので怪我も減るでしょう。

 

外仕事をしている私にとってストレッチはとても重要です。

 

現場で怪我をしないのもこのおかげだと思っています。

 

ジョギングなどの運動

 

朝運動をすることで、

 

・運動不足解消
・健康的な体づくり
・体型維持
・ダイエット
・ストレス発散

 

等の効果が得られます。

 

それに朝の運動運動することで、集中力アップ・生産性の向上等んも効果も期待できます。

 

疲れている時こそ運動をした方がいいとよく言いますし、体の健康状態も測れるのでオススメですよ。

 

まとめ

 

朝活で大事なのは継続することです。

 

継続することができれば人生も大きく変わるでしょう。

 

チャレンジしていことがあるなら、朝活をしてみてはどうでしょうか?

 

睡眠の質を上げてより良い朝活生活を送るためにもこちらの本はとてもオススメです。

 

 



01

02

-仕事
-, , , , ,