人生経験

集中できる作業部屋の作り方【結論:作業しかできない環境作りが大事】

こんにちは。うち(@uchi_0121_)です。

男性
家で作業をする時の集中できる作業部屋の作り方を教えてください。
その疑問にお答えします。
うち

本記事の内容

・集中できる作業部屋の作り方
・実際に実践してみて

筆者の実績

・集中できる部屋作りを実践中

3分程度で読めるので、これを読んだらぜひ作業しやすい部屋を作ってみてはどうでしょうか。

スポンサードサーチ

1、集中できる作業部屋の作り方

・部屋を整理整頓する

まずは部屋を整理整頓しましょう。

学生の頃、試験勉強をしようと思って机に向かったけど、急に部屋のあちこちが気になって普段なら絶対にしない掃除を始めてしまった経験がありませんか?

これは勉強をしたくないが故の一種の現実逃避です。

掃除をしないにしても、机が散らかっていたり、ホコリがあると気になると集中の妨げになります。

なので、普段から集中できるように部屋を整理整頓しましょう。

部屋をキレイに保つことでスッキリした気持ちで作業に取り組めます。

・カーテンを青くする

青色は、鎮静効果があり、落ち着いてリラックスできる状態を作るのにぴったりの色です。

焦っていたり、一旦落ち着きたい時は青色が中心とされた部屋にこもるのが良いでしょう。

なので、手っ取り早く部屋の印象を変えるために、カーテンを青色にすると良いです。

部屋全体が青っぽくなり集中できるようになります。

ちなみに黄色は発想力を上げる効果があるので、アイデアが浮かばない時は黄色いものを見ましょう。

・観葉植物を置く

カーテンを青色に変えるのが難しいよって方は、部屋に観葉植物をおきましょう。

観葉植物を室内に置くと、生産性が上がり、記憶力も20%アップします。

観葉植物にはそのくらい人間の作業効率を上げる効果があります。

室内に観葉植物を上げると幸福度が47%もアップするという研究結果も出ており、自分の視界に1〜2割程度観葉植物が入っていると集中力が上がりるそうです。

このようなものを部屋に置いてみてはどうでしょうか。

・作業部屋の温度を調整

作業をするのに適切な温度があります。

結論から言うと、作業をするのに適切な温度は25°です。

暑い夏の日に設定温度が高めのオフィスで仕事をした経験はあるでしょうか。冷房はつけているけど設定温度は28°。本当に冷房が効いているのかもよくわかりません。むしろ室外の方が涼しいまであります。
そんな状態でうちわを仰ぎながら作業しても集中できるわけがありません。

このように、適切な温度ではない状態で作業をすると不快指数が上がり作業効率が下がります。

なので、エコと言う考え方もわかるのですが、生産性を意識する場合は室温を25°に保つようにしましょう。

・環境を分ける

作業スペースとリラックススペースは別々にしましょう。

メリハリですね。

ここは作業する部屋、こっちはリラックスする部屋、のように目的によって部屋を作りましょう。

部屋数がそんなにない場合は、一部屋を半分から右側は作業スペース、左側はリラックススペースのようにを区切れば大丈夫です。

そうすることで脳がここは作業する場所で、他のことはしてはいけないと認識してくれます。

・視界には作業に関係するのもだけを置く

作業スペースには作業に関係ないものを置かないようにしましょう。

例えば

・読書スペースを作りたければ本だけを置く
・ブログを書くならブログに関するもの(本等)だけをおく

このようなスペースに別のもの(ゲームやグッズ)は置かないように。

絶対にそっちに意識が持っていかれる瞬間があります。

このスペースでは目的のことだけしかできないって環境作りを意識しましょう。

2、実践してみて

私も今回紹介したいくつかのことは実践しています。

具体的には

・整理整頓
・温度調整
・環境を分ける
・視界には作業に関係するものだけを置く

の4つです。

主にしていることは、ブログの執筆です。

・作業部屋でだらだらする時間が減った

私の部屋は2畳ほどですが、結構誘惑の多い部屋でした。

結構だらだらする時間が多かったのですが、ブログを始めたときに部屋の環境を整理。

自分の部屋でブログをしっかり書いたら、別の部屋でゆっくりする。

これを意識しているうちに、自分の部屋でだらだらすることはほとんどなくなりました。

・集中力上がった

注意力を妨げるものを視界に入らないようにしているので、気が散ることなく集中して作業ができるようになりました。

あれが気になる、これが気になる、ちょっと漫画を読もうなんてこともありません。

それだけ(私の場合はブログを書くこと)しかできないので、自ずと集中力が上がってきます。

・日頃から整理整頓を心がけるようになった

部屋がキレイな状態に保たれていると、すっきりした気持ちになります。

それと合わせて気持ちよく作業にも取り掛かれます。

定期的に整理整頓をすることで、部屋も心も良い状態が保たれ続けるので、掃除はこまめに。

日々掃除をこまめに行うことで、大した時間も掛からないので負担も軽減されます。

スポンサードサーチ

3、まとめ

部屋を少し工夫するだけで、作業効率が見違えるようになります。

部屋の環境を整えて、集中して作業してみてはどうでしょうか。

 

終わり。

 

私が参考にしている、集中力にまつわる本はこちら。



01

02

-人生経験
-, ,

© 2020 うちブログ