人生経験

時間が無いは言い訳?時間を作り出す方法を紹介します。

こんにちは。うちです。

今回は

前回に続いて言い訳の話です。

したいことがあるにもかかわらず

時間がないから出来ない」

と言ってしまうのは何故でしょうか。

これはただ物事を先延ばしにしているだけに過ぎません。

時間は誰にでも平等に与えられており

工夫をしながら時間を捻出する必要があります。

・あの人は効率がいいから時間がある

・あの人は頭がいいから時間がある

というのは間違いで

それぞれが工夫をしているからそう見えるだけです。

時間は作り出すものです。

今回はその時間の作り出し方、コツを紹介します。

スポンサードサーチ

1、1日を振り返ってみよう

まずは1日のタイムスケジュールを書き出してみましょう。

スマホのアプリを使ってもいいし

ノートでもA4用紙でも構いません。

とにかく事細かく書くことがコツです。

例えば

AM6:00 起床

AM6:03 スマホ

AM6:15 朝食

AM6:40 TV視聴

AM7:00 出勤

のような行動をしたとします。

この中のスマホとTVの時間は本当に必要でしょうか。

自分のしたいことよりも大事なら必要です。

朝の1時間だけで28分(スマホ8分、TV20分)作り出せます。

この例のように1日の行動を全て書き出しましょう。

スマホ、YouTube、TV、ダラダラと

必要のない時間が多く存在していることに気づきます。

1日数時間は作業する時間を確保できると思います。

2、浮いた時間を上手に使おう

浮いた時間を捻出できたら

その時間で自分のやりたいことをしましょう。

英語の勉強をしたいなら

数分の浮いた時間なら英単語を

数十分なら長文を

それぞれの時間にあった

作業をすると良いです。

ブログ等の執筆作業なら

空いた時間に少しずつ進められますね。

スポンサードサーチ

3、作業に集中するためのコツ

浮いた時間の大半は

ダラダラとスマホを触っていた時間じゃないでしょうか。

もうスマホを触ることが

癖になっている人も多いと思います。

自分も経験がありますが

集中して作業していても

ついついスマホに手が伸びてしまいます。

こんな時どうしたらいいのか紹介します。

スマホを目の届かない場所に置く

どうしてもスマホを触ってしまうなら

物理的に距離をおけばいいだけの話です。

いっそのこと電源を落としてもいいと思います。

こうすればスマホに手が伸びることはないので

作業に集中できます。

スマホを見る時間を決める

小学生の頃

ゲームは1日1時間まで。

とルールが決められていた家庭があるんじゃないでしょうか。

それと同じです。

スマホを見れる時間を決めましょう。

1日1時間なら

それに収まるようにしましょう。

寝る前の30分とか

その日のノルマが全て終わったら

でもいいと思います。

YouTubeで配信をする

作業動画を

YouTubeで配信・アップするのも一つの案です。

スマホで撮影することがコツです。

スマホで撮影すれば

撮影中はもちろんスマホを触れません。

YouTubeにアップすることで

大勢の人が見るので

いやでも作業をする環境が整います。

4、まとめ

何事も工夫が必要です。

何もせずに時間が湧いて出て来ることはありません。

本気でやりたいことがあるなら

言い訳せずに行動に移しましょう。

私自身も

時間がないと言わないようにし

日々ブログを書く時間を

確保していきたいです。

 

終わり。

01

02

-人生経験
-, ,

© 2020 うちブログ