仕事

転職すべき人の特徴9選【より仕事がしやすい環境に移りましょう】 

うち
こんにちは。うち(@uchi_0121_)です。
最近なんとなく転職しようか考えたりしています。どんな人が転職をするべきなのか教えてください。
男性
うち
その疑問にお答えします。

本記事の内容

転職すべき人の特徴9選

筆者の実績

・社会人歴:8年

本記事を読むことで、新たな一歩を踏み出すきっかけを得られると思います。

スポンサードサーチ

転職すべき人の特徴9選

・給料が低い(給料を上げたい)
・会社の理念が合わない
・人間関係が合わない
・精神疾患を患った
・仕事量(残業)が多い
・他にやりたいことができた
・スキルアップしたい
・会社に将来性を感じない
・独立したくなった

一つずつ見ていきましょう。

給料が低い(給料を上げたい)

給料が低いから転職をしたいと考える方はたくさんいます。

給料は会社によってばらつきがあります。

同じ業界でも全く違いますからね。

他社と比較した時に、給料が低いとやっぱり仕事のモチベーションは上がりません。

同じ仕事をしているのに大きな差があるから当然です。

お金が仕事のモチベーションに直結する方は、より給料の高い会社を求めた方がいいでしょう。

会社の理念が合わない

自分の考えと会社の理念が合わないのも理由の一つ。

それぞれの会社には理念があります。

理念というものは会社の指針であり中心となる考えです。

基本的に社員はそれに沿って行動します。

ですが自分はこうがいいと思っているのに、会社の方針があるから従わなければいけない。

納得できないまま行動することになるのでストレスになります。

なので自分の考えと、理念が合致した会社に移りたいと思うようになります。

わかりやすく例えると、音楽性の違いで解散するバンドみたいなイメージです。

人間関係が合わない

会社にはさまざまなタイプの人が働いています。

長く働いていれば当然自分に合う人、合わない人が出てくるんじゃないでしょうか。

合わない人の中にも我慢できる人できない人がいます。

特に我慢できない人に関しては、

顔を見るのも嫌だし一緒に仕事もしたくないはずです。

もし次の日一緒に仕事するってなったら、考えただけで憂鬱で仕事に行きたくなりますよね。

人間関係が原因で体調を崩す人も多くいます。

社内にいて関わらないことができればいいのですが、そうでなければ転職も選択肢に入ります。

精神疾患を患った

先ほどのように人間関係で苦労したり、職場環境が合わないことで精神疾患になることがあります。

精神疾患になると病院から処方してもらった薬をのみながら勤務することが多いです。

さらに症状がひどくなると、数ヶ月の休職に至ってしまうケースもあります。

回復して職場復帰しても、やっぱり合わなかったり精神的に辛くなってしまうこともよくありますね。

完全に回復させるには環境を変えるのが1番です。

つまり転職して新しい環境で働くことが1番効果的です。

仕事量(残業)が多い

近年は「働き方改革」のおかげで残業等の労働時間について見直されています。

ですがまだ残業が多い会社もたくさんあります。

業界にもよりますが、中には残業月100時間なんてところもあるでしょう。

こんだけ残業ばかりしてたら好きなことをする暇はありません。

・趣味を楽しみたい
・友達も遊びたい
・家族との時間がもっと欲しい

やりたいことはたくさんあるはずです。

もっとゆったりした環境に移り、自由な時間を遅滞ってなるんじゃないでしょうか。

他にやりたいことができた

新たな夢ややりたいことができた時ですね。

これは前向きな理由です。

職場に不満とかがある訳ではないけど、やりたいことをするためには仕事の時間がもったいない。

夢を達成するためには仕方のない選択です。

スキルアップしたい

ある程度経験を積んでいると、仕事にも慣れてだんだんと楽しくなってくると思います。

そして仕事がもっとできるようになりたい気持ちも出るでしょう。

今いる環境でもスキルアップはできるかもしれませんが、

もっと大きな会社に行けばよりスキルアップにつながります。

・設備
・資金
・人材

大きな会社になればなるほど環境は良くなっていきます。

自身の成長のためならいい環境に身を置くほうがいいですからね。

例えるなら、プロ野球選手がメジャーリーグを目指すようなものです。

会社に将来性を感じない

このまま行ったら会社は倒産しちゃうんじゃないか?

仕事をしていてそんな気持ちが頭をよぎる瞬間があると思います。

・経営不振
・業界の衰退
・人手不足

こういうことが目に見えてくると不安になりますよね。

正直今は安泰と呼べる企業はありません。

どんな大きな会社でも経営に苦しんでいます。

それに今はAIの普及もあり、人の仕事を機械がどんどん奪っている状況です。

そのうち全てAIに任せても良い業界も出てきます。

これに早めに勘づいた人は、手に職を付けたり転職活動をして早めに行動しています。

独立したくなった

組織に属するのが合わない人です。

会社という組織にいると様々な制約がります。

もちろん社員はそれに従わなければなりません。

好きなように動けずストレスや不満が溜まる一方でしょう。

そういう方は他の会社に行っても同じです。

だって組織に属することそのものが合わないのだから。

だったら独立するしかないですよね。

独立すれば全てのルールを決めれるし、好きなように働けます。

まとめ

転職すべき人の特徴を挙げてみました。

振り返ると

・給料が低い(給料を上げたい)
・会社の理念が合わない
・人間関係が合わない
・精神疾患を患った
・仕事量(残業)が多い
・他にやりたいことができた
・スキルアップしたい
・会社に将来性を感じない
・独立したくなった

の9つ。

この中ので当てはまるものがあったあなたは転職をすべきかもしれません。

より働きやすい環境、理想の自分になるためには今行動すべきです。

興味を持ったあなたは以下を登録してみてください。

↓↓↓↓↓

終わり。

01

02

-仕事
-, ,

© 2022 うちブログ