仕事

新入社員が入社前にすべき心構え【準備すれば不安はなくなります】

こんにちは。うち(@uchi_0121_)です。

 

入社前って色々と不安だと思います。

 

「どんな人がいるのかなぁ」

 

「ちゃんと仕事できるかなぁ」

 

なんて思っているんじゃないでしょうか。

 

ですが、入社前でも準備次第でその不安を軽減することはできます。

 

今回はその心構えを紹介します。

 

本記事の内容

 

・新入社員が入社前にすべき心構え
・仕事内容を予習しよう
・素直な気持ちが大事

 

筆者の実績

 

・社会人歴:8年
・転職経験:1回

 

本記事を読むことで、社会人としての不安が軽減されます。

 

スポンサードサーチ

新入社員が入社前にすべき心構え

元気な声で挨拶をする

 

こちらからの積極的な挨拶を意識しましょう。

 

挨拶はコミュニケーションの基本です。

 

なので日々の挨拶の積み重ねが信頼関係にもつながってきます。

 

それに元気な挨拶はされた方も気持ちいいし、印象が良く映ります。

 

なので挨拶は積極的にするようにしましょう。

 

身だしなみを整えよう

 

社会人になるとたくさんの人と接することになります。

 

特に仕事は信頼関係が重要になってくるので見た目も大事になります。

 

・服装
・髪型
・清潔感

 

等の身だしなみを整えましょう。

 

人の印象は見た目で決まります。

 

身だしなみを整えていれば好印象を与えますが、だらしない格好だと印象は良く思われません。

 

なので身だしなみには気を遣い印象良くいきましょう。

 

言われたことはしっかりこなす

 

まずは言われた作業をしっかりとやりましょう。

 

仕事には責任がつきまといます。

 

与えられた仕事ができなければ、会社からの信頼は得られません。

 

それになかなか仕事も振ってもらえなくなります。

 

なので、言われた作業はしっかりとこなすようにしましょう。

 

話を聞くときはメモを取ること

 

上司の話はメモをとりながら聞きましょう。

 

メモをとりながら話を聞くことでミスや手戻りを少なくできます。

 

それにたくさんの指示を受けるので、全てを暗記するのは難しいです。

 

指示が多くてメモが追いつかない場合は、少し待ってもらって落ち着いて書きましょう。

 

最初は分からない専門用語も多いので大事です。

 

なのでしっかりメモを取るようにしましょう。

 

報連相をこまめに行う

 

社会人の基本ですが、報連相をしっかり行いましょう。

 

なぜなら業務をスムーズに進めるために必要不可欠だからです。

 

報連相というのは

 

・報告
・連絡
・相談

 

のこと。覚えておきましょう。

 

上司もあなたの作業がどうなっているのか知る必要があります。

 

なので、あなたの仕事の進捗や疑問点があったらどんどん共有しましょう。

 

道具を大事にしよう

 

会社の道具は大切に扱いましょう。

 

言うまでもなく、会社の道具はみんなのものです。

 

・使ったら元に戻す
・定期的に手入れをする

 

などして、誰もが気持ちよく使えるようにしましょう。

 

整理整頓を心がけよう

 

身の回りの整理整頓を心がけましょう。

 

整理整頓を心がけると仕事が効率良く進みます。

 

身の回りが綺麗だと気分よく仕事に取り組めるし、何がどこにあるのか一目で分かりますよね。

 

逆に身の回りがごちゃごちゃしていると、資料探しに時間を取られて無駄が多いです。

 

こう言う時間って結構もったいないです。

 

なので整理整頓をして、スムーズに仕事をできるようにしましょう。

 

頭もスッキリするのでオススメです。

 

・抱え込まないようにしよう

 

仕事に悩んで一人で抱え込まないようにしましょう。

 

一人で悩むことで、ストレスを多く感じるようになり体調を崩すことがあります。

 

そうなる前に、上司でも先輩でも誰でもいいので相談するようにしましょう。

 

もちろん友達や家族でもいいです。

 

悩みを言うだけでも心がかなり軽くなりますよ。

 

上司先輩のことを知ろう

 

上司先輩のことをよく観察しましょう。

 

人によって仕事の仕方は様々です。

 

同じ作業でも、人によって指示の仕方が違います。

 

なので上司先輩のことをよく観察して、それぞれの仕事の仕方を覚えておくと良いです。

 

そうすれば少し仕事がしやすくなりますよ。

 

仕事内容を予習しよう

最初はみんな未経験

 

入社直後は仕事のことはほとんどわかりません。

 

それはみんなが同じです。

 

もし仕事がでkiなくても悩むのはやめましょう。

 

みんな最初は初心者、できないのは突然です。

 

悩むよりもどうすれば仕事ができるのかに意識を向けるべきです。

 

仕事のイメージができるようになろう

 

入社前に会社での仕事のイメージをしましょう。

 

それは、入社後の仕事の理解度が変わってくるから。

 

仕事って専門的なことも多いので、分からないことが多いです。

 

でもなんとなくのイメージが掴めていれば、何をすればいいのかも理解しやすくなります。

 

なのでどんなことをするのかイメージをしておきましょう。

 

会社のHPを眺めたり、インターネットや本で調べるのがオススメですよ。

 

他の人より一歩リードできます

 

仕事ができる人って、誰よりも準備をしっかりしています。

 

様々な出来事に備え、できることは事前に潰しておく。

 

そうすれば何が起こってもいいし、ミスが少なくなります。

 

そこまできっちり準備をする人は少ないので、周りをリードできますよ。

 

なので積極的に予習をするようにしましょう。

 

スポンサードサーチ

素直な気持ちが大事

言われたことを素直に受け止めよう

 

上司に言われたことは素直に受け入れましょう。

 

素直な人は成長速度が速いので。

 

仕事をしていれば

 

・言われたことが腑に落ちない
・あなたなりのやり方がある

 

こういった場面があると思いますが、一旦置いておきましょう。

 

言われたことを実践してみるのが大事です。

 

実践すればわかることもあるので、まずは素直に受け入れることです。

 

言い訳はしないように

 

言い訳はしないようにしましょう。

 

なぜなら、相手への印象が悪くなるから。

 

言い訳しても相手にはすぐにバレますし、その場しのぎにしかなりません。

 

なので、言い訳はせず素直に謝るのが1番です。

 

ミスをしたら謝ること

 

ミスをしたらすぐ謝りましょう。

 

謝らないと信頼関係が崩れてしまうので。

 

ミスを誤魔化したり、言い訳しても相手を怒らせるだけです。

 

素直に謝れば、相手もわかってくれるし、すぐにその場も収まります。

 

そんなことよりも、ミスを挽回する方にエネルギーを使うべきです。

 

なのでミスをしたらすぐに謝るようにしましょう。

 

まとめ

 

入社前は不安なことが多いと思います。

 

それはみんな同じ。

 

でも入社前でもできることはたくさんあるので、準備はしておきましょう。

 

終わり。

↓↓関連記事↓↓
仕事が辛そうな若手社員の特徴を7つ紹介【先輩としてできることも紹介】

社会人が資格取得を行うメリット6選

01

02

-仕事
-, , ,

© 2022 うちブログ