仕事

【段取り八分】仕事で成果が出せるかは準備が大きく左右するので入念に

 

うち
こんにちは。うち(@uchi_0121_)です。

 

仕事は段取り八分とよく言いますが、実際にはどんなことをすればいいでしょうか。
男性

 

うち
その疑問にお答えします。

 

本記事の内容

 

・仕事の準備をすべき理由

・準備すべきこと

・準備は前日に行うこと

 

筆者の実績

 

 

本記事を読んで、早く仕事を覚えて会社の戦力としてバリバリ働けるようになりましょう。

 

仕事の準備をすべき理由

ミスを減らすため

 

準備を入念に行うことで仕事のミスは格段に減ります。

 

ミスや失敗のほとんどは準備不足によるものです。

 

仕事は人が行うものなのでゼロにするのは難しいですが、可能性があるものは確実に減らしていきましょう。

 

具体的には、やるべき作業に合わせて資料を準備したり作業内容の予習をするといいです。

 

評価につながる

 

準備をしっかり行うことで、社内での評価も上がります。

 

上司が評価する時は、仕事の取り組み方をよく見ているはず。

 

準備から真面目にやっていれば、それだけで評価に値します。

 

それに結果が伴ってくればより高評価を得られるでしょう。

 

スムーズに作業を進めるため

 

仕事をスムーズに進めるためには準備が大事になってきます。

 

なぜなら、やるべきことがはっきりするし一連の動きをイメージできるから。

 

何もせず作業にかかったら、無駄な動きや時間が生じて効率が悪いです。

 

なのであらかじめどんな作業をするかを想定し、メンバーにも共有することで作業をスッと始められます。

 

予想外のことにも対応できる

 

準備をしっかりすることで予想外のことにも対応できます。

 

なぜなら、あらかじめ起こりうることを想定するから。

 

もしかしたらこういうハプニングが起こるかもと思って準備していれば、いざという時に焦ることなく対応できます。

 

それに、予定を立てる時に少し時間に余裕を持たせておけばより安全に対処できます。

 

迷惑をかけないため

 

仕事は1人でするものではなく複数人でするものです。

 

・上司先輩

・部下後輩

・お客様

・他部署の社員

 

様々な人が関係しています。

 

準備が不足していると、それだけ関係者にも迷惑がかかるでしょう。

 

例えば、準備不足で顧客を待たせてしまったり、部下への指示が曖昧になってしまうと手戻りの元です。

 

そういうことを避けるためにも、準備をしっかりとしておく必要があります。

 

準備すべきこと

作業内容の把握

 

まずはその日(次の日)にする全ての作業内容を把握しましょう。

 

何をするのか分からなければ、作業中に時間を無駄が生じてしまうので。

 

作業内容が頭に入っていれば自分がどう動いたらいいのか理解できます。

 

優先順位をつける

 

次に作業の優先順位です。

 

セオリーは期限が近いものから終わらせていくこと。

 

後回しにすると後で痛い目を見るかもしれません。

 

全体像をイメージする

 

作業全体をはじめから終わりまで頭の中でイメージしてみましょう。

 

イメージすることで本番スムーズに動けるし、問題がありそうな部分の予測もできます。

 

なので、目を瞑って本番だと思って想像するといいですよ。

 

それに、自分だけでなく周りの人がどう動くのがもイメージすると指示も出しやすくなりますよ。

 

関係者の予定を把握する

 

顧客や他と部署の人と仕事をする場合は、その人たちの予定も把握しておきましょう。

 

予定が合わなければ、仕事が進まないので。

 

なので、予め関係者の予定を確認してみんなが合いそうな日程で作業するよう調整することをオススメします。

 

準備は前日に行うこと

朝は時間が少なくミスの可能性が高い

 

事前準備は前日の夜に行いましょう。

 

朝は時間が限られているので十分な準備ができるか定かではありません。

 

それに、時間がないため焦って準備をしてもミスの元です。

 

なので、余裕のある前日に行うことをします。

 

寝る前に作業をイメージする

 

繰り返しになりますが、寝る前に作業をイメージしましょう。

 

寝る前にイメージすれは、作業もスムーズに行えるし準備不足に気づいたら翌日の朝でもまだ間に合うので。

 

まとめ

 

仕事の成果はは準備で決まると言っても過言ではありません。

 

準備で手を抜くと後で痛い目を見るかもです。

 

なので、時間がかかってもいいので準備は入念に行いましょう。

 

 

 

 

 

 

01

02

-仕事
-, ,