雑記

目的達成するには具体的なイメージを持つようにしよう

1、はじめに
2、目的と目標の違い
3、イメージすることで行動が明確になる
4、高すぎる目標を設定するのはやめよう
5、まとめ

スポンサードサーチ

1、はじめに

こんにちは。うちです。

早いもので今年も半分が終わってしまいました。

自身の目的を達成するため、

年始に今年の目標を立てたと思いますが、

達成度はどうでしょうか?

続けられているでしょうか?

そもそも立てた目標を忘れた方もいるでしょう。

では、

何故続かないのか。

それは

目的達成後のイメージ不足です。

2、目的と目標の違い

目的とは
最終的なゴールのことを指します。
例)
・プロ野球選手になる
・年収1千万稼ぐ
・漫画家になる
目的は最終ゴールなので1つしかありません。
目標とは
目的を達成するために必要なステップのことを指します。
先ほどの目的の例に目標を加えると
・甲子園へ行きスカウトの注目を集める
・プロジェクトを成功させ昇進する
・漫画家のアシスタントとして活動する
このようになります。
目的と違い目標は複数設定することになります。

スポンサードサーチ

3、イメージすることで行動が明確になる

目的達成のためには

どれだけイメージ出来るかが大事になってきます。

プロ野球選手になるという目的があったとしても

イメージができていなければ正しい行動はできません。

時間をものすごく無駄にしてしまう可能性もあります。

イメージの具体的な例を紹介します。

目的:プロ野球選手になる

プロ野球選手になるためには、甲子園に出てスカウトに注目される必要がある

甲子園に出るためには、強豪校に入学する必要がある

強豪校に入学するために、勉強を頑張って入試に受かる学力をつける必要がある

中学校でレギュラーになるために自習練習を毎日2時間する

この方が、
ただ漠然とプロ野球選手になると言っているより
自分が何をすべきか分かりやすいと思います。
考えるコツとしては、
例えのように
最終的なゴールから逆算して目標を設定することです。
この目的を達成するには
ここまでにこれ(目標①)が出来なければいけない。
目標①が出来るようになるにはこれ(目標②)が出来なければいけない。
というようにやることが細かく具体的になっていきます。
このように考えれば
軸もブレませんし、無駄も生じないでしょう。
ちなみに目標はいくつあっても構いませんし、
小さな目標達成を積み上げることで、
モチベーションも上がります。

4、高すぎる目標を設定するのはやめよう

高すぎる目標設定をすると

いざ行動に移したときに

自分には出来ないと思ってしまい

長続きしなくなります。

よって継続して行動するには

自分に出来そうな

小さな目標からスタートするのが良いでしょう。

スポンサードサーチ

5、まとめ

ここ数ヶ月

仕事やプライベート

日々生活する上で目的達成について考える機会が多くありました。

なので自分なりの考えをまとめてみました。

間違っていることもあるかと思いますが

それは勉強中ということで。

私自身、

ブログを開設するにあたり

目標を定めて行動しています。

それがいつ達成できるのか

はたまた達成できないのか

それはこれからの自分の行動によります。

より具体的にイメージしながらやっていきたいですね。

ちなみに、

立てた目標の一つは

とにかく手を止めずに続けること!

です。
終わり。

01

02

-雑記
-, ,

© 2020 うちブログ