仕事

退職が決まったときの上司への伝え方とタイミング【意思を強く持とう】

うち
こんにちは。うち(@uchi_0121_)です。
この度新しい就職先が決まりました。でもまだ会社には伝えていません。いつどうやって伝えるべきか教えてください。
男性
うち
その疑問にお答えします。

本記事の内容

・準備
・上司へ伝えるタイミング
・上司への伝え方
・引き留められても惑わされないように
・最後は応援してくれる

筆者の実績

・社会人歴:8年
・転職経験:1回

本記事を読むことで、スッキリした気持ちで次の会社に移れるようになります。

スポンサードサーチ

準備

退職を伝えるのにも準備が必要です。

どんなことをすればいいかみていきます。

就業規則の確認

まずは会社の就業規則を確認しましょう。

会社によって、退職する何日前までに会社に伝えてくださいと言うルールがあります。

目安は1〜3ヶ月程度です。

会社側の業務の引き継ぎだったり、退職の準備等があるからです。

迷惑をかけないように早めに伝えるようにしましょう。

なので最初に就業規則を確認しておくことをオススメします。

最初に伝えるのは所属長(上司)

誰に伝えるのかは悩むところですが、所属長(上司)にするのが無難です。

所属長は普段から工程管理をしたり、部下の相談に乗る立場にあります。

真っ先に報告に行くべきでしょう。

上司は今後あなたがいないことを考慮して方針を立てなければいけません。

なので最初に所属長に伝え迷惑がかからないようにしましょう。

伝えるイメージをする

ここまででいつ頃誰に伝えるかは決まったと思います。

次は上司に退職を伝えるイメージを事前にしておきましょう。

理由は、緊張してうまく思いを伝えられなかったらいけないから。

たくさん悩んで退職を決めたことなので、自分の言葉でしっかりと伝えたいですからね。

私が退職を伝えるときは

・言いたいことを紙に書き出す
・頭の中でイメージする

このようなことをしました。

上司に伝える数日前からイメージしていたので、うまく思いを言えました。

上司へ伝えるタイミング

勤務時間外にしよう

上司に伝えるタイミングは勤務時間外にしましょう。

理由は、勤務中だと他の社員もいるので聞かれる可能性があるし、迷惑にもなるからです。

なので

・始業前
・昼休憩
・勤務後

こういった休憩等をオススメします。

これらの時間帯の中であなたが誘いやすい時に上司に伝えましょう。

できれば勤務終了後がいい

理想のタイミングは勤務終了後だと思います。

なぜなら勤務終了後だとお互いの時間がある限り話ができるし、上司もその後ゆっくり考えることができるからです。

あなたに突然退職を告げられたら上司はどういう反応をするでしょうか。

多分戸惑うと思います。

朝イチで退職を言われたら、動揺して仕事が手につかないなんてこともありますよね。

なので私は勤務終了後に退職を伝えることをオススメします。

スポンサードサーチ

上司への伝え方

いつも通りの誘い方で

あなたがいつも相談する感じで上司を誘いましょう。

「すみません。少し相談があるんですけど」

みたいな感じでいいです。

神妙になったり、いつもと違うテンションで誘うのはやめましょう。

上司も色々と考えてしまうので。

それと、しっかり時間をとって話したいなら数日前に誘うのをオススメします。

上司にも予定があるので余裕を持っていきましょう。

正直な気持ちを伝える

退職を伝えるときは、正直な今の気持ちを伝えましょう。

・どうして辞めようと思ったのか
・これからどうするのか

思いの丈をぶつけましょう。

そのほうが上司もあなたの気持ちを理解してくれます。

引き止められても惑わされないように

1回は引き止められる

多分1回は「考えしてみない」とか「やめないで欲しい」と引き止められると思います。

それはあなたが会社の大事な人材だからです。

それに1人抜けることで今後の仕事にも響きます。

なので1度は引き止められるでしょう。

私も上司に退職を伝えた時に「考え直してほしい」と言われました。

でも意志は固かったのでその気持ちには答えられませんでした。

引き止められると情が移って一瞬退職をやめようか迷いますが、そこは強い気持ちで乗り越えましょう。

もう一度自分の意思をはっきりと言う

引き止めに入られたら、もう一度あなたの意思を伝えましょう。

もう一度伝えることであなたの決意が伝わります。

それに情が移りそうなところをぐっと堪えられますからね。

上司もそこまでいうのならと引き下がってくるはずです。

なのでしっかりと意思を伝えましょう。

スポンサードサーチ

最後は応援してくれる

納得してくれたら応援してくれる

そこまで言えば上司も納得してくれるはず。

上司の内心はどう思っているのかわかりませんが、気持ちは理解してもらえているでしょう。

それに上司もあなたの今後を応援してくれます。

部下が新しい道で頑張ろうとしているので、前向きに送り出したいんだと思います。

あとは頑張るのみ

退職することを伝え終わったらあとは頑張るのみです。

ホッと指摘が抜けるかとおみますがもう一踏ん張り。

最後に会社を辞めるその日までは、残りの仕事に全力で取り組みましょう。

会社には数年間お世話になっているので恩返しです。

そして次の仕事にむけての準備。

同業ならそんなにありませんが、新しい職種なら勉強もしておきましょう。

まとめ

上司に転職を伝えるときに気をつけることを振り返ると

・準備
・上司へ伝えるタイミング
・上司への伝え方
・引き留められても惑わされないように
・最後は応援してくれる

の5つでした。

転職を伝えるのってすごく緊張すると思います。

しっかりと意思を伝えられるように準備をするのが大事ですね。

 

終わり。

↓↓関連記事↓↓
転職すべき人の特徴9選【より仕事がしやすい環境に移りましょう】 

転職すべきでない人の特徴とは。【転職のためにすべきことも紹介】

01

02

-仕事
-, ,

© 2022 うちブログ