仕事

月曜日からの仕事が憂鬱な時にすべきことを7つ紹介します

 

うち
こんにちは。うち(@uchi_0121_)です。

 

日曜の夜になると、「明日からまた仕事が始まるのか」と思うと憂鬱です。何か気持ちを和らげる方法はありませんか?
男性

 

うち
その疑問にお答えします。

 

本記事の内容

 

・月曜日からの仕事が憂鬱な時にすべきこと

・憂鬱でどうしても出社したくないときは

 

筆者の実績

 

本記事を読んで、気楽に仕事に足を運べれるようになればと思います。

 

月曜日からの仕事が憂鬱な時にすべきこと

平日と土日の生活リズムを一緒にする

 

平日休日関わらず生活リズムを一定にしましょう。

 

理由は、週末で生活リズムを崩すと取り戻すのに労力を使い、月曜の朝起きるのが辛く憂鬱になってしまうからです。

 

例えば

 

・起床時間
・就寝時間
・食事の時間

 

こういう時間は休日になると途端に崩れてしまいます。

 

普段23時には寝るところを休み前は3時4時まで起きていたり、休日の朝は目覚ましをかけずに好きなだけ寝る。

 

私も昔はよくしていましたが、生活リズムが崩れることで日曜の夜が眠れなくなり月曜の朝も起きられなくなります。

 

なので、土日も生活リズムを崩さずに、規則正しい生活を送りましょう!

 

朝食を少し贅沢にする

 

月曜日だけは朝食を少しだけ贅沢にしてみましょう。

 

理由は、月曜の朝に楽しみを持ってくることで、気分良く仕事に向かえるから。

 

例えば、月曜日の朝食に

 

・贅沢にデザートを加える

・いつもより高級なコーヒーを飲む

 

いつもと少し違うことをするだけで気分が上がりますし、仕事のやる気も自然と湧いてきますよね。

 

そうすれば、日曜の夜も月曜の朝食が楽しみになり、憂鬱な気分も吹き飛びます。

 

なので、月曜の朝食だけでも贅沢をしてみましょう!

 

うち
カフェでモーニングをするのもいつもと気分が変わるのでオススメです。

 

土日を思いっきり満喫する

 

土日休みは思いっきり好きなことして満喫しましょう。

 

なぜなら、日頃のストレスを発散でき、程良く体も疲れるので夜もよく眠れるからです。

 

具体的には

 

・ライブに行く
・スポーツをする
・遊園地に行く
・ショッピング
・映画
etc...

 

とにかく好きなことをして朝から晩まで遊びまくるのがオススメです!

 

好きなことをして遊ぶと充実感が出るし、翌日からの仕事も「また楽しく遊ぶために頑張ろう」とやる気アップにもつながります。

 

なので、仕事のことをいったん忘れて土日を思いっきり満喫することをオススメします。

 

「サザエさん」・「笑点」を観ない

 

毎週日曜日の夕方に放送されている国民的番組、「サザエさん」と「笑点」を観ないようにしましょう。

 

理由は、番組放送終了と同時に休みの終わりを実感してしまうからです。

 

「サザエさん」や「笑点」を観ている間は楽しいかもしれませんが、放送が終わると同時に休みが終わる現実に戻される気分になります。

 

なので、「サザエさん」と「笑点」は極力観ないようにするのをオススメします。

 

番組が大好きだという方は、観ることを止めませんし(そんな権利もないので)、録画という方法もあるとだけお伝えします。

 

うち
俗にいうサザエさん症候群ですね。

 

月曜日の仕事の計画を立てる

 

日曜日に翌日以降の仕事のことを考えると、その作業量からやる気が下がります。仕事を明確化するために作業計画を立てましょう。

 

理由は、するべき仕事が明確にすることで、月曜日出社してから落ち着いて仕事に入れるからです。

 

具体的には、日曜の夜寝る前に箇条書きでいいので簡単に予定を立てましょう。

 

やるべきことが可視化されるので、不安が解消され良い1週間のスタートをきれますね。

 

なので、日曜の寝る前に仕事の計画を立てましょう。

 

うち
5W2Hに気を付ければ、より明確に行動しやすい計画が立てれます。

 

みんなも同じことを考えていると思うようにする

 

月曜日ことを考えて日曜日の夜を憂鬱に過ごしているのはあなただけではありません。社会人はみんなそうです。

 

ストレスが溜まったり、不安なことが多いからです。

 

具体的には

 

・いつも怒ってばっかりの上司

・仕事がよくできる同僚

・真面目な後輩

 

この人たちも、みんな同じで憂鬱な日曜の夜を過ごしています。

 

普段の仕事の仕方からそんなふうに見えないかもしれませんが、それはただ表に出していないだけです。

 

そうやってみんなも同じことを思っていると気が楽になりませんか?

 

憂鬱なのは自分だけじゃないので安心していいですよ。

 

月曜日を受け入れる

 

週に1回必ずやってくる月曜日。どうせやってくるなら割り切って月曜日を受け入れましょう。

 

どのような気持ちで日曜を過ごしても月曜日からは逃れられません。

 

「月曜日は毎週くるし、辛いものだ」

 

最初からそういうものだと思っておくと憂鬱な感情も気にならなくなります。

 

憂鬱でどうしても出社したくないときは

仕事を休もう

 

憂鬱すぎてどうしても出社したくない場合は、思い切って仕事を休みましょう。

 

なぜなら、そんな状態で出社しても仕事の効率を下げるだけだから。

 

仕事を1日休んだくらいでは何も影響は出ませんし、他の人がカバーしてくれます。

 

なので辛いときはしっかりと休んで、心と体をリフレッシュさせましょう。

 

人生は長いので、時には休むことも必要です。

 

転職を検討する

 

月曜日の憂鬱がずっと続くようなら、転職を考えてもいいかもしれません。

 

おそらく、仕事内容や職場の人間関係があっていないんだと思います。

 

そのまま無理して続けていても精神疾患になるだけなので、そうなる前に転職を視野に入れるべきです。

 

仕事はたくさんあるのであなたに合った職場を探しましょう。

 

働く環境を変えるだけで、精神面は大きく改善されますよ。

 

まとめ

 

月曜からの仕事が辛いのはみんな同じです。

 

憂鬱な気持ちが軽減できる方法をあなたなりに考え月曜からの仕事に取り組みましょう。

 

気持ちが沈んだ時に私が読んでいる本はこちらです。

 

01

02

-仕事
-,