生活

自分の身を守るのは自分自身【常に予防線を張って行動しよう】

 

うち
こんにちは。うち(@uchi_0121_)です。

 

最近忙しすぎて自分の時間がありません。メンタルもかなり弱ってきていてます。どうしてらいいでしょうか。
男性

 

うち
その疑問にお答えします。

 

本記事の内容

 

・会社の言いなりから卒業しよう
・自分の身を守るためにできること
・自分の身を守れないなら転職もあり

 

筆者の実績

 

 

本記事を読んで、心の負担が少しだけ軽くなればと思います。

 

スポンサードサーチ

上司の言いなりから卒業しよう

上司が立場が上でも全て肯定する必要はない

 

当然ですが、組織では上司の方が立場が上です。

 

基本的に、部下は上司の指示に従います。

 

若手の頃は特に

 

・仕事を振ってもらう
・相談に乗ってもらう
・評価を受ける

 

上司の力を借りる場面が多いです。

 

多くの仕事を上司からお願いされると思いますが、全てを引き受ける必要はありません。

 

上司に対して意見を言いにくいかもですが、無理なら無理と言いましょう。

 

上司の方が立場が上だからといって全て肯定する必要ないし、あなたの意見も主張すべきです。

 

理不尽なことがたくさんある

 

仕事をしていれば理不尽なことがたくさんあります。

 

・作業をたくさん振られる
・責任を押し付けられる
・理不尽に怒られる
・質問をしても答えてくれない

 

あなたも1回はこんな経験があるのでは?

 

私も何度も経験があります。

 

部下の立場だと、理不尽だと思っても耐え忍ぶのがほとんど。

 

でも、耐えているばかりじゃ身が持たないので、しっかり自分を守らなければいけません。

 

自分で予防線を張る必要がある

 

いつも受け身になっていてはあなたが疲れるだけ。

 

仕事は増える一方だし、ストレスも溜まります。

 

いつまで経っても自分の時間はできないし、大変なだけです。

 

大変な思いをしないためにも事前に予防線を貼る必要があります。

 

事前に予防線を貼ることができれば、気持ちがかなり楽になるでしょう。

 

自分の身を守るためにできること

 

あなたがが大変な思いをしないために出来ることを紹介します。

 

報連相はこまめに行う

 

上司への報連相はこまめに行ましょう。

 

なぜなら、報連相を行うことであなたは責任を全うしたことになるからです。

 

例えば、

頼まれた作業に疑問点があればすぐに伝える。

 

そうすれば責任者の上司がすぐに次の行動をとってくれるはずです。

 

でも、報告をせず進めれば、「なんで何もしなかったのか」と怒られてしまいます。

 

もちろん自分で解決できるならいいですが、そうじゃないこともたくさんありますよね。

 

理不尽に怒られたり、責任を押し付けられるのを防ぐためにも報連相は大事です。

 

周りも巻き込む

 

仕事は周りの人も巻き込んで進めましょう。

 

なぜなら、1人で抱え込むと苦しいだけだから。

 

例えば

 

・作業がたくさんあるなら周りに手伝って貰う
・不安なら相談をする
・報連相は複数人にする

 

仕事はチームでするものですし、関わりのない人にも情報共有すればアドバイスをもらえるしミスも減ります。

 

1人で進めるよりも気楽がかなり楽になるでしょう。

 

味方になってくれる人がたくさんいれば、大変なことでも乗り越えられますよ。

 

話を聞く時はメモを取る

 

話を聞くときは必ずメモをとりましょう。

 

理由は、会話の行き違いをなくすためです。

 

メモを取らず記憶だけを頼りにしていると、問題があった時に責任のなすりつけあいになります。

 

最悪あなたが責任を負わされることもあるでしょう。

 

メモをとっておけば、

 

・いつ
・誰が
・何を言ったか

 

分かるので、責任の所在がはっきりするし、自分ではないと言うこともできます。

 

あなたに責任が飛ぶこともなくなるでしょう。

 

できないことはNOと言う

 

できないことははっきりとNOと言うべきです。

 

なぜなら、できないのに仕事を引き受けても周りに迷惑がかかるから。

 

例えば

 

・自分の能力を超えているとき
・手持ちが多いとき

 

こんなときは頼まれても断りましょう。

 

結局は周りに手伝ってもらう必要があるので手間が増えるだけです。

 

作業を頼まれたら「今は無理です」とか「「〇〇さんに任せた方がいい」といいましょう。

 

もちろん、余裕があるとおきはどんどん引き受けるといいですよ。

 

スポンサードサーチ

自分の身を守れそうにないなら転職もあり

苦しくなるのは組織の体質が大きい

 

あなたが仕事で苦しくなるのは組織の体質のせいかもです。

 

なぜなら、同じような人材が育つから。

 

社員全員が同じ教育を受けているし、教わる方もそれが正しいと思い込んでいます。

 

上司と同じ立場になったとき、上司にされたことと同じことを部下にもします。

 

だから、理不尽なことをされても周りは見て見ぬふり。むしろ正しいと思っているかもしれない。

 

そうやって悪い体質化できていくのだと思います。

 

環境が変われば大体のことは解決する

 

大体の悩みは、環境が変われば解決します。

 

理由は、悩みの原因から距離を置くことになるから。

 

例えば、嫌いな人がいても転職すればもう会うことはありません。余計な気を使わなくていいし仕事にも集中できます。

 

ずっと居座って悩むくらいならすぐに環境を変えるべき。

 

悩みが減って仕事に集中できるようになります。

 

新たな環境でやり直すのが1番の近道

 

会社自体が劣悪な環境なら、あなた1人がどう頑張ったって変わりません。

 

どうせ変わらないし、苦しい思いをするくらいなら早く転職しましょう。

 

会社にいればいるだけ時間を無駄にすることになります。

 

早く転職をして、新しい職場で人間関係を築いたり仕事のやり方を確立する方がよっぽど効率的でいいですよ。

 

まとめ

 

今回は、自分の身の守り方について解説しました。

 

大事なのは、自分の意見をはっきりと言うことです。

 

相手の方が立場が上でも、自分を守るためだと思って勇気を出しましょう。

 

終わり。

 

↓↓関連記事↓↓
【ストレス激減】転職して変化したこと7選

ついていきたい上司の特徴【結論:部下のことを考えてくれている】  

 

01

02

-生活
-,

© 2022 うちブログ