副業

ブログ歴3年が教える、誤字脱字を減らすためにすべきこと11選

 

うち
こんにちは。うち(@uchi_0121_)です。

 

ブログをやっているのですが誤字脱字が目立ちます。誤字脱字を減らすにはどうすれば良いのか教えてください。
男性

 

うち
その疑問にお答えします。

 

本記事の内容

 

・誤字脱字を減らすためにすべきこと

・どんな時にミスが起こるのか

 

筆者の実績

 

 

本記事の内容を実践することで、質の高い記事がかけるようになります。

 

誤字脱字を減らすためにすべきこと

原因を解明する

 

あなたがなぜ誤字脱字をするのか、その原因を探ってみましょう。

 

原因がわかれば、どうすれば誤字脱字が減るのか解決策を考えれます。

 

なぜ誤字脱字が多いのか、原因を究明しなければいつまで経ってもミスは減りません。

 

具体的には、どんな場面でどんなミスが多いのかを探ると良いです。それが分かれば対処方法も考えられるので。

 

なので、まずは原因究明をしてみましょう。

 

自分の文章でも疑ってかかること

 

自分の書いた文章だとしても、それが正しいか疑ってかかりましょう。

 

最初からミスがあると思ってチェックすると文章をよく見るようにあります。

 

ミスは誰にでもあることです。自分もきっとミスしているだろうという目が大事です。

 

印刷して確認する

 

書いた文章は紙に印刷して確認してみましょう。

 

なぜなら、モニターと紙では見え方が違うから。

 

モニター越しだと問題ないように見えても、紙だと間違いが見つかったなんてよくあります。

 

それに紙だと全体を俯瞰してみれるのでオススメです。

 

第三者チェックを行う

 

自分でチェックを行ったら、第三者にチェックをしてもらいましょう。

 

第三者にお願いすることで、違った視点で文章を見てもらえるので間違いが見つかりやすいです。

 

他の人にも見てもらうって意識するとよりセルフチェックにも力が入りますよ。

 

ツールを活用する

 

誤字脱字チェックツールを使えば、簡単に間違いを見つけ出してくれます。

 

知識が少ない人でも安心だし、時短にもなってオススメです。

 

ただし、いくらツールだと言っても完璧ではないので100パーセント信用はしないでください。

 

辞書登録を使う

 

人名や地名等間違えやすい単語はあらかじめPCで辞書登録をしておきましょう。

 

辞書登録をしておくことで変換ミスを防ぐ事ができます。

 

それに、

 

・英語

・定型分

 

も登録しておけば、時短にもなるし労力が減って集中力を維持しやすくなります。

 

時間を置いてから確認する

 

文章を書き終えたら、一旦時間を置くようにしましょう。

 

なぜなら、そのままチェックに入ると書いている時の熱量が残っているのでミスに気づきにくいからです。

 

時間を気持ちを落ち着かせることで、冷静な目で自分の文章を見ることができます。

 

気持ちが落ち着いているので誤字脱字にも気づけると思います。

 

なので、文章を書いたら一度時間を置いてからチェックするといいですよ。

 

項目ごとに確認する

 

全体を通してチェックするのではなく、項目ごとに見ていきましょう。

 

全体を通じてチェックすると後半集中力が途切れていい加減になりますが、項目毎に区切ることでメリハリができ集中できます。

 

なので、あなたの中で区切りを決めてチェックするといいですよ。

 

項目と項目の間に休憩を挟むリフレッシュした頭でチェックできるのでオススメです。

 

逆から読む

 

普通なら文章を頭から順に読むと思いますが、あえて逆から読んでみるのもオススメです。

 

理由は、逆から読むことで文章の見方が変わるから。

 

文章の読み方も人によって癖があります。頭から読むと同じ癖の感覚で見るのでミスをしていても気づかない可能性があります。

 

なので、いつもと違った感覚で逆から読んでみるとミスをより見つけやすくなりますよ。

 

声に出して読む

 

文章を声に出して読むことも間違いに気づきやすくなります。

 

声に出すことで、リズムよく読めなかったり声が詰まってしまう部分があると思います。そういう部分は修正すべきところです。

 

なので、声に出してスムーズだったらいい文章と言えるでしょう。

 

一文字ずつ確認する

 

時間はかかりますが一文字一文字丁寧に確認するのが一番オススメです。

 

文章で確認すると読み飛ばしたり雰囲気で大丈夫だろうと判断しがち。それだと結局ミスは見つけられません。

 

なので一文字一文字確認して、確実に誤字脱字を潰していきましょう。

 

どんな時にミスが起こるのか

急いでいる時

 

期日が近かったり、予定が詰まっていると急いで作業しがち。

 

急いでいる時は作業も雑になるし、チェックも適当になってしまうでしょう。

 

思い込みで作業している

 

思い込んで作業していると誤字脱字が起こりやすいです。

 

間違った意味や漢字で覚えてしまうことで、それが正解だと思い込んで作業してしまうので。

 

なので文章を書くときは絶対に一度調べてから作業することをオススメします。

 

大丈夫だと持っていることでも調べたら間違っていたなんてよくあるので慎重にいきましょう。

 

まとめ

 

今回は誤字脱字の減らし方について紹介しました。

 

誤字脱字がないだけでも文章の質はかなり向上するので、完成したら時間をかけてチェックしましょう。

 

 

 

01

02

-副業
-, ,