仕事

仕事を前倒しで終わらせるメリットを9個紹介します【心と時間に余裕が生まれます】

 

うち
こんにちは。うち(@uchi_0121_)です。

 

理想の仕事の仕方は、常に心と時間に余裕を持って取り組みたいと思っている社会人が多いはず。

 

でも現実は、常に期日や圧倒的な仕事の多さに追われていて余裕なんてとても持てないでしょう。

 

そんな状況を解決するためにすべきことは、「前倒しで仕事をすること」です。

 

今回は、仕事を前倒しで進めることで得られるメリットを紹介します。

 

本記事の内容

・仕事を前倒しで終わらせるメリット
・仕事を前倒しで終わらせるためのコツ

 

筆者の実績

 

本記事を読むことで、心と時間に余裕が生まれ仕事と趣味に充実した日々が送れます。

 

仕事を前倒しで終わらせるメリット

 

 

心に余裕が生まれる

 

仕事を前倒しすることで、心に余裕が生まれます。

 

なぜなら、早い段階でやるべきことが終わっていることで焦りがなくなるから。

 

仕事は期限が決まっていることがほとんどなので時間との勝負です。それに1日の勤務時間も決まっています。

 

限られた時間の中で自社製品の品質を保ちつつ、お客様の満足いくものを仕上げるにはすごく神経をすり減らすことになります。

 

特に忙しい時は

 

・仕事量の多さ
・時間のなさ

 

等の理由から自分の時間も持てないしストレスも溜まる一方なので心に余裕が持てません。

 

その忙しい状況の中で、すべきことが少しでも終わっていたら気持ちは楽になりますよね。

 

なので作業を前倒しすることで、心に余裕が生まれるようになります。

 

ミスが減る

 

心に余裕が生まれるので、ミスが減ります。

 

それは余計なことを考える必要がなく目の前の作業に集中できるから。

 

心に余裕があれば時間をかけて作業を丁寧に進められるし、隅々までチェックできます。

 

この状況なら、普段見落とすようなことも確認できますよね。

 

特に納品前はバタバタしてしまいがちなので、ここでしっかりとチェックできればミスは格段に減ります。

 

それに仕事のミスが少ない人は、会社からの評価も上がりますよ。

 

アクシデントに対応できる

 

どれだけ綿密な計画を立てて仕事を進めても、必ず予期せぬアクシデントは発生します。

 

むしろ何もなくスムーズに仕事が終わる方が珍しいでしょう。

 

アクシデントが起こったとき仕事に追われているとすぐに対応できない上に、焦りも出てくるのでパニックに陥りやすいです。

 

ですが仕事を前倒しで進めていれば、時間と心に余裕ができるのでアクシデントにも冷静に対応できます。

 

何が原因で、どんな対処をしないといけないのか時間をかけて検討できるので手戻りも少なくなります。

 

余裕を持った納品ができる

 

みんながそうですが、成果物の納品直前はバタバタしたくないもの。

 

でも現実は「あれもやらないといけない」、「これもやらないといけない」とまだ作業が残っていて慌ててしまいがち。

 

そんな状態での納品だと、必ず不備が見つかりますしお客様も満足しません。何より周りで見ている方が本当に大丈夫か心配になります。

 

直前に慌てないためにも、できることは早く終わらせておく必要があります。

 

細々した作業を先に終わらせておくことで、漏れがなくなるし心に余裕ができます。

 

+αで作業ができる

 

前倒しをすることで、+αで作業ができるようになります。

 

普通に仕事をしていれば最低限の成果しか上げられず、お客様からの評価もそれなりです。

 

ですが+αの作業をすることで成果品の質が上がるし、お客様の期待をいい意味で裏切れます。

 

思っていた以上の成果を見せられたことで、お客様からも「ここまでやってくれたのか」とより感謝されるし評価も上がります。

 

このような少しの気遣いが、今後の継続した付き合いにつながる可能性があります。

 

仕事の効率が上がる

 

常に前倒しで仕事をしていると、作業効率が上がります。

 

それは前倒しで作業することが当たり前になるから。

 

習慣化ってやつですね。

 

習慣化が身につけば、あなたの体の負担も減ります。

 

少ない労力で仕事を進められ、より良い成果が得られます。

 

仕事効率はいかに無駄が減らせるかです。

 

なので仕事を習慣化することで、無駄が減り効率が上がります。

 

関連記事

仕事にモチベーションは不要です【習慣化を意識しよう】 

 

他の業務を手伝える

 

自分の仕事に余裕があれば他の業務の手伝いができるようになります。

 

困っていそうな人がいれば声をかければいいし、余裕そうにしていれば「作業手伝って」と申し出があるでしょう。

 

自分で精一杯だったら断らざる得ないし、少しだけ気まずくなります。

 

しっかりと他の仕事を手伝うことで、チームとしての成果も上がるし、その人に対する信頼も上がります。

 

それが結果として評価されるし、賞与にもつながるんじゃないでしょうか。

 

仕事の質が上がる

 

ここまでを全て踏まえてですが。

 

作業を前倒しすることで、結果的に仕事の質が上がります。

 

それは、より良い仕事をする状況になるから。

 

・あなたの仕事のやり方
・出来上がる成果品
・チームワークの向上

 

等々、至る所に変化が見られますよ。

 

めんどくさいけど、後回しにしないことで、いい結果が得られます。

 

早く帰れるようになる

 

早く仕事をすればその分早く帰れます。

 

普段なら残業をして、家族との時間や趣味に費やせないことも多いと思います。

 

でも、早く帰れたらその分あなたの好きなことに時間を当てれますよね。

 

それに

 

・資格の勉強
・スボーツ
・飲み会

 

スキルアップや友人との交流にも時間を使えます。

 

心をうまく保つには仕事とプライベートのバランスが大事なので、体を壊さないためにもささっと仕事を終わらせて好きなことをやりましょう。

 

仕事を前倒しで終わらせるためのコツ

 

 

TO DO リストの作成

 

仕事を早く終わらせるためにも、事前にTO DOリストを作成しましょう。

 

TO DOリストを作成しておくことで、やるべきことが明確になります。

 

最初からやることがわかっていれば、あとはそれに沿って作業を進めるだけなのでいちいち考える時間が減ります。

 

途中で余計なことを考えなくていいので作業がスムーズに進むでしょう。

 

隙間時間の活用

 

仕事をする時間には限りがあります。

 

時間を無駄にしないためにも、隙間をうまく有効活用しましょう。

 

仕事をしていると、「少しだけ時間ができたな」って時があります。

 

少しの時間だからといってその間ただボーッと過ごすのはもったいないです。

 

少しの時間でもできることがあれば可能な限り進めるようにしましょう。

 

細かい作業は積極的に終わらせる

 

細かな作業は積極的に終わらせるべきです。

 

理由は、細かい作業はよく忘れてしまうから。

 

「すぐにできるから後でしよう」と後回しにして置くと大体やり忘れるのがオチです。

 

そうならないためにも、細かい作業はすぐに終わらせたり、メモを取って絶対に忘れないように対策すべきです。

 

小さなミスでも後々大きなミスにつながることがあるので気をつけましょう。

 

まとめ

 

あなたが仕事に不安を抱えたら、まずは出来ることから取り組んでみてはどうでしょうか。

 

少しでも仕事を進めて置くことで、時間と心に余裕が生まれます。

 

心に余裕がある状態で仕事をすればいい成果を得られますよ。

 

終わり。

 

 

 

 

 

01

02

-仕事
-, ,