人生経験

30歳を過ぎて感じた心と体の8つの変化【結論:劇的に変わります】

うち
こんにちは。うち(@uchi_0121_)です。
私はまだ20代です。周りの年上の方たちと話をすると、決まって「30歳を過ぎたら一気に体に変化が出るから気をつけて」とおっしゃっています。30歳を過ぎたらどのような変化があるのか教えてください。
男性
うち
その疑問にお答えします。

本記事の内容

 

・30歳を過ぎて感じた心と体の8つの変化
・30代に向けて20代のうちからできること

筆者の実績

・32歳(1988年生まれ)

30歳なんてまだまだ先のことだと思っている方は、この記事を読んで今からできる対策をしてみてはどうでしょうか。

スポンサードサーチ

30歳を過ぎて感じた心と体の8つの変化

その①:体力・筋力の衰えを感じるようになった

20代後半に差しかかってから、うっすら体力が年々落ちてきているような気がしていました。

体力が落ちてきていた“気がする“だけなので日常生活も普通通り送っていました。

それが30代になると明確に体力が落ちたのを実感するようになります。

同時に誤魔化しも効かなくなってきました。

・すぐに息が上がる
・若い人についていくのが難しい
・外仕事での休憩が長くなった
・次の日に疲れが残る

このように感じることが日常にあります。

これをほっておくと、もっと体力は衰えていきます。

体力が衰えることは仕方のないことですが、衰えるペースを抑えられるようなトレーニングが必要です。

参考記事
30代からでも遅くない?体力の衰えの防止する方法を紹介します。

その②:物欲がなくなってきた

10代20代の頃はゲームやCD、服など欲しいものがあったらすぐに買っていました。

元々収集癖があったので部屋の中は物で溢れていました。

ですが、20代後半になり

うち
「こんなに持ってても意味がないな」

と思うようになり、持っていた物をほとんど手放してしまいました。

いつも仕事で忙しい日々を送っていたり、結婚して自分の時間が少なくなる中で、

・せっかく買っても使わない
・持っていても管理できない
・物に対する興味が薄れてきた
・最低限のものがあればいい

と思うようになりました。

そう思いながら生活をしているうちに物欲も無くなってきました。

参考記事
年齢による物欲の減少について実体験をもとに考察してみた

その③:勉強意欲が湧いてきた

学生の頃は

うち

「勉強なんかしたって将来何の役にも立たない。」

「めんどくさい。」

なんて思っていました。

受験に必要な勉強はしていましたが、社会人になっても遊ぶことばかり考えていたので、自主的な勉強はほぼしてきませんでした。

ですが、30歳になり勉強意欲が湧いてきました。

うち
「高校の頃の勉強をやり直したい。」
「興味のある分野があるから勉強したい。」

ずっと遊んでいるのもいいけど、そういうのは終わりました。

これからの人生で、たくさん見たり聞いたり勉強して自分の気持ちや思っていることを残していくのもいいなと。

このブログを始めたのも勉強したいという気持ちからです。

学ぶことの楽しさに気づき始めました。

その④:仕事に対する責任感が増した

新入社員の頃の私は結構なクズだったので

・仕事はお金がもらえればいい
・残業はしたくない
・自分が良ければいい

とにかく自分中心に考えていました。

仕事をする中でいろいろなことを任されたり、上司・先輩の仕事をする姿を見ているとだんだんと責任感が芽生えてきました。

また、結婚をしたことも責任感が増した要因です。

その⑤:涙腺が弱くなった

涙腺は本当に弱くなったことを実感しています。

日々の何気ない日常で目がウルウルしてしまうこともしばしば。

・映画鑑賞
・音楽鑑賞
・誰かが頑張っている姿を見た時
・気持ちが高ぶった時
etc...

昔なら絶対に泣く場面じゃないところでも結構泣いたりします。

原因はわかりませんが歳を取ると涙腺が弱くなるというのは本当だったんですね。

参考記事
なぜ歳を取ると涙腺が弱くなるの?

その⑥:体調に気を使うようになった

1の体力の衰えにも通ずる部分がありますが、30歳を過ぎて体調を気遣うようになりました。

何かしら体調面での変化が出始める頃ですし、周りにも病気をする人が何人かいたので尚更です。

・暴飲暴食をやめる
・早寝早起き(徹夜はしない)
・散歩をする etc...

病気になったからでは手遅れです。

簡単なことでもいいので何かした方がいいと思い実践しています。

その⑦:NHKを好むようになった

これは年齢が関係あるのかは分かりません。

ただ趣味が変化しただけかもしれません。

民放のドラマやバラエティは今でももちろん視聴しますが、どこかしんどくなり観るのが辛い時があります。

気分が沈んでいる時は特に。

ですが、NHKは観ているとなぜか心が落ち着きます。

そんな番組が多い気がするし、今の私の好みに合っています。

夜、寝る前に妻とまったり観るのが幸せです。

好きな番組
・世界は欲しいモノにあふれている
・72時間
・プロフェッショナル
・トラムの旅
etc...

その⑧:周りのことを考えるようになった

若い頃はとにかく自分中心。

嫌なことがあったらすぐに文句を言う。

反抗期でしょうか?

行動する動機は全て自分。

いかに自分が楽しいか、幸せになるか。

そのような感じでした。

20代後半になり仕事では後輩を持ち、プライベートでは結婚。

いつまでも自分自分ではいけません。

守るべきものができると考えも大きく変わってきた気がします。

2、30代に向けて20代のうちからできること

心の準備

人はみんな平等に歳をとります。抗うことはできません。

20代の頃は30代なんてまだまだ先の話。と思っていてもいつかはやってきます。

年齢を重ねるにつれ、多くのことを経験し、考えも変化することでしょう。

例えば、10代の頃の物事に対する考え方と、20代になってからの考え方は確実に変化していますよね?

そんな感じで、20代と30代でも考え方は変わります。

変化を受け入れつつ、自分は30代になっていくんだという心の準備をしておきましょう。

体のケア

20代は1番体が元気な時です。

体のケアに気を使っている30代の人たちを見て、「理解できない」「自分には関係ない」と思うかもしれません。

私もそうでした。

ですが、必ず体は衰えていきます。

年齢を重ねるにつれ、ゆっくりゆっくり衰えていくので、その変化に気づけないかもしれません。

30代を境に体力が落ち、病気の発生率が高くなります。

健康な体を維持するために20代のうちからケアを怠らないようにしましょう。

スポンサードサーチ

3、まとめ

年齢と共に心と体は確実に変化していきます。

変化を受け入れ楽しめる人間になりましょう。

 

終わり。

 

 



01

02

-人生経験
-, , , ,

© 2020 うちブログ